ダブルメッセージとは何か

ダブルミーニングと混同しやすいテクニックに、ダブルメッセージがあります。

ダブルメッセージは、ダブルバインドを行うテクニックの一つとしても使われます。

ダブルミーニングは一つの言葉を複数の意味に受け取れるようにして、その曖昧さを利用して人によって理解する内容を変えるというものですが、ダブルメッセージは、簡単に言うと、言っていることとやっていることが違うというテクニックです。

ダブルメッセージは、言っていることと現状が一致しない状態を意図的に作り出します。

例えば、集団ストーカーに関する議論をしている時に、「肯定派の意見は分かった」などと理解したかのような素振りを見せながら、全く理解しようとせずに同じ反論を繰り返し、統合失調症という決めつけを決してやめようとしないなどもダブルメッセージです。

ダブルメッセージは、言葉には表れにくい態度や雰囲気などで行います。
表面上は理解していることになっているので、実際に理解していないという態度を責められることが少なくなります。
これを見破らなければ、議論や現状などは先に進みません。

同じ嫌がらせを繰り返すためには、それが嫌がらせであることを周囲に気付かせないようにしなければなりません。
嫌がらせをしているにも関わらず、それは嫌がらせではない、そんな事実は存在しないとしらを切ることによって、嫌がらせの現状を変えずに繰り返すことが出来ます。

しらを切る、現状を認めない、議論に関係なく妄想だと決めつけるなどもダブルメッセージです。

深刻な状況であるのに、誰も深刻にしようとしない。逆に、深刻ではない事柄なのに、やたらと深刻な事態であるかのように振る舞うなどもダブルメッセージになります。

集団ストーカーには、パワーハラスメントという要素があります。
社会全体の圧力によって、その事実をないことにしよう、被害者の妄想であることにしようとする嫌がらせが集団ストーカー現象です。

ダブルメッセージは、議論の意味を無くし、被害者の訴えを無力化する重要なテクニックです。

その現状がダブルメッセージであることを指摘することで、これを打ち破ることが可能です。
しかし、集団ストーカーの場合はそれでも巧妙に事実や議論を捻じ曲げて、結論をミスリードしてきます。
相手が言っていることと、相手の態度や心理に相違がある場合、それを見抜き正確に指摘しなければなりません。

世の中の理想と現実の乖離が説明出来ていないという現実があります。
集団ストーカーの事象は極めて理解を深く広く持たなければなりませんが、兎角、議論や理解のレベルを低く、狭い範囲に誘導しようとする意見が多いようです。
議論の次元を下げて、議論を通わなくするテクニックは、論点ずらしになります。それは周囲の人が分からないように自然に行われます。
集団ストーカー現象の厄介なところは、周囲の人々まで論点ずらしに同調してしまうことです。
自分が経験していないこと、自分が聞いたことがないこと、世の中に出回っていない情報などは、直感的にないものと判断してしまう傾向があります。
ないものとして議論や道理を考えてしまうので、理解や科学の広がりが制限されてしまいます。これが洗脳的な思考制限です。

世の中の二面性を見抜き、それを指摘して、否定するダブルメッセージの罠を掻い潜らなければなりません。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック