ダブルバインドとは何か

ダブルバインドとは、簡単に言えば板挟みのことです。

嫌がらせの基本は板挟みであり、相手が避けることが出来ない状態にして攻撃することにより、確実に相手にダメージを与え、またその効果を増大させることが出来ます。

集団ストーカーの被害において基本となるテクニックであり、集団ストーカーの攻撃方法のほとんどがこのダブルバインドというテクニックを使っています。

ダブルバインドには、単純な板挟みというテクニック以外にも、二重縛りという特殊なテクニックがあります。
二重縛りは、板挟みに強制性や洗脳性を持たせ、ターゲットを心理的な矛盾に貶めるテクニックです。

ダブルバインドは、既存のモラルや障壁、ターゲットの状況を利用して行われます。

例えば、ターゲットの金銭的な余裕を奪っておいて、経済的な支出をせざるを得ない状況に追い込むこともダブルバインドです。
あらかじめターゲットの仕事道具を壊しておいて、もしくは壊れるように細工をしておいて、期日までに仕事を終わらせるように命令します。
待ち合わせの時間を指定しておいて、ターゲットが乗る電車を遅らせます。
確実に電話をしなければならないようにターゲットを追い込んだ上で、電波状況を悪くして、もしくは電話に出ないようにして、もしくは間違った電話番号を教えておいて連絡を取れないようにします。
ターゲットをトイレに行くように工作して追い込み、ターゲットの性別のトイレだけ満室にして、別の性別のトイレは、がら空きにします。もしくはすべて使用中にします。
下剤と下痢止めを同時に飲ませます。実際はそのような効果をなんらかの方法で与えます。
それ以外に、家に引きこもるように仕向けて騒音で攻撃する。
早起きしなければならない状態にして、騒音などで睡眠を遅らせる。
後ろから追い立てるようにして前の障害物と挟み込む。
学校を変えることは困難なのに、学校の雰囲気が悪い。
親は選べないのに、親から嫌がらせを受ける。
政治家を選んでいるようで、おかしな政治家ばかりが当選する。もしくは立候補者全員おかしい。
テレビは最大の情報源であり、娯楽であるのにその報道が何かおかしい。それを指摘すると嫌なら見るなと言われる。
実際に被害を経験しているのに、世の中の人々全員でそれは現実ではなく妄想だと言う。
世の中は選べない。
選択肢があるようで、ない。
世の中が悪いと言うと、なぜか個人の責任にしようとする意見が現れる。

このように集団ストーカーの攻撃方法には、被害者が逃げることが出来ないように、ダブルバインドというテクニックが使われています。
これが、集団ストーカーの攻撃を回避することが困難である理由です。
ダブルバインドの縛りは、それが嫌がらせであることを分かりやすくするためにあえて誇示する場合と、分からないようにしてターゲットをコントロールする場合があります。

集団ストーカーの被害者が、その壁の一方を無理に壊そうとしている姿が、一般の人々が見ている被害者の姿となります。
これが被害者が奇行に走っているように見えるガスライティングの仕組みです。
その姿を見て、一般の人々は被害者を統合失調症と判断してしまっているのです。
しかし、ここまで説明すれば被害者に何が起こっているのか理解できるはずです。
被害者は行き場を失うように追い込まれていることを知っているので、大した嫌がらせに見えない嫌がらせにも過度に反応しているように見えます。
実際は見えている嫌がらせ以外にも、周囲を取り囲むように嫌がらせを受けています。
まさに集団ストーカーです。集団ストーカーは人とは限りません。

板挟みの状況に陥っていることに気づいているのは、むしろ集団ストーカーの被害者の方です。

一般の人々はマジョリティー補正という洗脳がかかり、真実が見えなくなっています。
政治家、マスコミ、警察、社会、国家、世の中は正常であると思い込みたいのです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック