悪魔の数字と事後仄めかし

6の倍数のキー
A6、B12、C18、D24、E30、F36、G42、H48、I54、J60、K66、L72、M78、N84、O90、P96、Q102、R108、S114、T120、U126、V132、W138、X144、Y150、Z156

獣の数字をこのタイミングで書いたのだから何かあるのだろうと思い、不自然な印象を受けた有名人に当てはめてみることをふと思いついて計算してみました。

simura ken 直感で何となく最初からsiのhを抜きました。発音は同じになります。数が合わなければ後でhを足そうと思いましたが。

s114+i54+m78+u126+r108+a6+k66+e30+n84=666

いきなり獣の数字が当たり、やはりかと思いながらさらに続けます。

o90+k66+a6+e30+k66+u126+m78+i54+k66+o90=672

わずかにオーバーするのでshimurakenに倣い名字から一文字抜くことに。

o90+k66+e30+k66+u126+m78+i54+k66+o90=666

o・k・eならば最近の略し方としてはあり得ると思いながらさらにもう一人を調べます。

tateishiの段階で大幅にオーバーするので名前の方で計算。

y150+o90+s114+h48+i54+o90=546

少し届かないので名字のイニシャルを足す。

T120+y150+o90+s114+h48+i54+o90=666

T.Yoshioなら表記としてはよくあるもの。
ここまでが頻繁に報道される有名人の死者です。

devil-2708544_640.jpg

さらに他の有名人のコロナ死者を検索してみます。

w138+a6+d24+a6+s114+y150+u126+u126=690

666より24多いのでdを除く必要があるが必要なものなので除けないので微妙に届きません。
何らかの意味を付加してdを除くか別な計算方法なら合う可能性もありますが、惜しくも符合しないという確率ずらしの仄めかしになります。

 ※追記 「しゅう」にはshuとsyuのヘボン式とローマ式の2つの表記があるようです。このようにやや特殊なケースが高確率で混ぜ込まれます。

s114+a6+b12+u126+r108+o90+u126=582

足りないのでこちらも名字のイニシャルをプラスします。

M78+s114+a6+b12+u126+r108+o90+u126=660

6足りないということはaを足せばちょうどになります。

M78+a6+s114+a6+b12+u126+r108+o90+u126=666

Ma.saburou

こちらも惜しい感じがします。

t120+o90+m78+i54+t120+a6+r108+o90=666

太郎はtarouではなくtaro表記が多いため。ぴったりではあるものの、複数の表記があるという例がここで混ぜ込まれます。

ここまでが現在でここから先は確率をごまかす方向になるだろうと思います。

monster-426995_640.jpg

集団ストーカーを信じない人々にとってはこじつけのようにしか見えないでしょうが、私はこれをすべて合わせて数分の内に思いついて計算しています。偶然にしては出来過ぎているとは本人でなければ信じられないかもしれません。
最初に不自然さがあり、私が書いた記事に連動する現象があり、やはり合わせて来たかと私には感じますし、実際に世の中はこのように細かく計算されて構築されているのです。

微妙に計算方法がすべて変わりますが、以上が実際に私が計算した流れなので、この流れに沿えば決して無理なこじつけをしているわけではなく流れによってそのような計算方法になったことが分かるでしょう。

そもそも私がこれを思い立ったのもだいぶ前から気になっていて計算してみたいという欲求があったからですが、不謹慎にも感じましたのでしばらく計算せずに今やはり思い立って計算してみたら思ったよりもはっきりと計算が合いました。

微妙に計算方法が一人一人ずれているのが一般人にこじつけと思わせるためのテクニックです。そこまで計算されてすべてが設計されているのです。
私の場合は世の中のすべてがこのような状況なのでこれが世の中の正体であり、究極の話ではこの世の中が計算されて構築されているシミュレーションであるという証拠の一端として考えています。そこまで極端でなくともこのような偶然が日常で起こり続けるのが集団ストーカーという現象です。

有名人の死者が多過ぎるという不自然なニュースがあり、私の思考もそれを不自然に感じるように操作され、さらになぜか計算してみたいという欲求が湧き、このような結果になるという流れです。

6の倍数を使って計算しているのだから6の倍数になるのは当然だろうという思考が働くこともあるでしょう。
ですから信じられない人間には信じないに足る十分な証拠も計算上残されるところまでがすべて計算の上のものです。

巨大地震の日付でもこの悪魔の数字は符合しますが、すべてに合えば誰にでもおかしいことがバレてしまいますから、肝心な部分やターゲットにとって重要な部分に合わせてこれらの種明かしは行われます。
地震であれば特に重要な阪神大震災と東日本大震災の2つが合えばこれは偶然とは考えにくいことに気付いても良いでしょう。

これらはターゲットである当事者でなければ心理的に承服し難いように作られており、ターゲットには直観のような思考操作など複数の要因が付加されるためにこれが明らかに仄めかしであるように見えるようになります。
実際に高度に計算されていなければこのような偶然が連続して起こることはないでしょう。すべての事象にわずかな不自然さが感じられるように操作されます。

このように事後仄めかしのようなことが起こることもありますし、ターゲットの動きに合わせて世の中の情報の方が動くという仄めかしがあります。さらに悪魔の数字のようなカルトナンバー的な暗示や隠し方をされることがあります。

これらの仄めかしを逆算してわずかながら未来の予知が可能になることもありますが、肝心な部分は大抵外れるように計算されているようです。
前にも書きましたが、これらはあくまで敵の仕掛けた遊びであり、嫌がらせの本筋とはあまり関係がありません。あまり気にする必要はないのですが、敵の正体はこのような遊びを仕掛けるような存在なのだということには留意しておいた方が良いでしょう。

総合的には明らかに嫌がらせであるのに、なぜこのような遊びをわざわざ混ぜ込むのかという矛盾のようなものが、敵の正体を知る重要な要素になっています。
さらに敵の目的もこれらから垣間見えることになるでしょう。

eyes-151201_640.png

この記事へのコメント

  • 丸(まり)

    おほしさまそうろいます。
    コウシン とても うりぇしいだす。
    どうもありがたくそうろいます。
    2020年05月03日 00:25
  • MAGIC ULTRA

    >丸(まり)さん
    >
    コメントありがとうございます。
    2020年05月03日 01:05
  • コロナに関連して、体内に過剰製成されるタンパク質名は『IL6』ですってよ。まー産経記事ですがね。
    2020年05月04日 10:00
  • MAGIC ULTRA

    >コロナに関連…
    >
    コメントありがとうございます。
    2020年05月05日 00:02