デジャブとタキサイキア現象

集団ストーカーという事象は、それを経験した人間でなければ、その現実を理解できないものです。

集団ストーカー被害者の中でも、ガスライティング組とテクノロジー組に分離しており、互いの現象が理解できないと主張する被害者もいます。

人間の性格として、知識で世界を理解する人と、経験則で世界を理解する人に分けられます。
ほとんどの人はバランス良く、その中間位でしょう。
経験則で物事を判断する人は、正確ではあるが世界観が狭い、知識で判断する人は不正確さをはらむが世界観が広いというメリットとデメリットがあります。

集団ストーカーという事象を理解するには、そのいずれでも足りず、経験則も越えますし、知識もミスリードされます。

ですから、我々がそれを説明するためには、その入り口となる接点が必要になります。

その一つがデジャブです。

デジャブの原因は分かっていませんが、その特性は2つあります。
ひとつは既視感という、見たことがある、経験したことがあるという感覚を発生させること、もうひとつは、実際に記憶がオーバーラップする現象です。

デジャブの経験者は7割程度と言われています。
デジャブを、統合失調症と結び付けて解明しようとした試みがありましたが、現在では否定されています。

デジャブのような時間感覚の喪失に、もう一つ、タキサイキア現象があります。
タキサイキア現象は、例えば交通事故など、自分の身に危険が迫った時に、スローモーションのように感じる現象です。
このタキサイキア現象も、おそらくほとんどの人が経験しているのではないかと思います。

テクノロジー犯罪の被害者の場合、それらは集団ストーカーによる感覚送信であったことを経験則として知っているわけですが、一般の人の場合、それは脳が特別な状況になったためと考えるでしょう。

いずれの現象も科学的には検証できておらず、その正体は不明です。

デジャブの正体は、夢で見た記憶と現実が一致する現象ではないかという説があります。
私は、夢のほとんどすべてが送信されたものであると考えていますので、デジャブが前もって夢として送信されている記憶を利用されている可能性については、納得できます。

わざわざ遠回りに夢の操作をしなくても、直接デジャブを作り出すことは可能でしょう。
既視感という感覚さえ送信すれば良いのですから。

デジャブが起こると、その記憶を探ろうとしますが、その時にわずかに記憶のようなものが甦ることがあります。
既視感がただの感覚であるなら、この記憶のオーバーラップ感覚まで生まれることはないはずですが、科学的にはそれも含めて偽の記憶を感じるエラー、場合によっては偽の記憶を作り出すエラーであると解釈されています。
科学の限界を超えるような現象です。

さらに集団ストーカーの被害者に限らず、一般の人も含めて、デジャブを超えたシンクロニシティを体験している人々がいます。
それはもはや脳内に答えを求めることは出来ない現象です。
一般的には、それは偶然ということで片付けられていますが、もちろん偶然の確率ではありません。

デジャブ、タキサイキア現象とも、時間感覚を大きく操作する現象です。
時間操作の嫌がらせは、時計を狂わせるだけでなく、実際に人間の感覚や記憶を操作することも可能です。

集団ストーカー被害者のデジャブはレベルが異なり、既視感が来る事象を予測出来て、その事象で実際に既視感が発生するということが連続で繰り返されます。
それは集団ストーカーだと理解できる出来事や、仄めかしで行われます。
また、自身の経験だけでなく、他人の経験でもデジャブが発生します。

このテクニックにより、すべてが運命に沿った操作であると思い込まされます。

実際に運命から逃れられるかどうかは分かりません。

この記事へのコメント

  • バルバル

    相手の方が主語を述べて、それを聞いた自分が述語を述べて(自分は主語と述語の両方を述べたと勘違いしている)、その直後に、相手の方が主語と述語をつなげた文章を述べると、それを聞いた自分は相手の方が心を読んだ(ほのめかした)と勘違いする現象があります。これは、相手の方が一瞬早く主語を述べているのですが、自分は主語(と述語)を相手の方よりも一瞬早く述べたと錯覚していることによります。

    また、相手の方は、自分が心の中で考えた文章(非可聴つぶやき、無声音など)を、普通に聞き取ることができることにより、自分に対して、ほのめかしをすることも可能です。
    2018年01月03日 00:53
  • バルバル

    音声送信が近所の方々の生の声であることの確認方法

    近所の方々から音声送信を浴びせかけられることがあり、これが30分以上続くため、被害者の多くは、機械によって音声送信が行われていると勘違いされますが、実際には生の肉声です。

    これを確認するには、「あややや、およよよ」という声が聞こえているときに、こちらから「おまわりさん、おまわりさん」と心の中で連呼してみると、音声送信側は最初は「おまわりさん」と真似してきますが、すぐに「おまわりくん」であるとか「おまわりよん」という音声を送信してきます。なぜか「おまわりさん」と言わずに「おまわりくん」や「おまわりよん」と言います。このことから、音声送信は機械ではなくて、近所の方々の生の肉声であることが把握できます。

    そこで、これを読まれた方々で、音声送信の被害にあっている方々は、機械によるものか肉声によるものかを、上記の方法でチェックしてみていただきたいと思います。
    2018年01月03日 01:08
  • バルバル

    「カタギになりたい カタギでありたい」と心の中でつぶやいていると、音声送信の声は「カタギになんか、なりたくねーよ」という声に変化するため、音声送信は機械の仕業ではなく、近所の方々の生の肉声であることが容易に把握できます。
    2018年01月03日 01:11
  • MAGIC ULTRA

    >バルバルさん
    >
    コメントありがとうございます。
    2018年01月03日 16:44
  • 人が、操作されている状況に、約7年前位に出くわす事が、ありました。私が、あるパチンコ店に敵意を持っていましたが、口頭で注意した訳でもなく、車に乗って隣のお店に駐車していたら、パチンコ店の従業員らしき2人組が、こちらを見てきて、蟹歩きの様な独特な動きをしてこちらを警戒する様な踊りをして威嚇らしき動きをしてきました。面白かったので見ていましたが、何故か機械的な蟹歩きでした。恐らく操られている状態だったのではないかと、後から考えたら思います。
    2018年01月03日 22:04
  • MAGIC ULTRA

    コメントありがとうございます。

    加害者に集団ストーカーしているという自覚があるのかどうかは、本当に判別が難しい問題ですね。
    2018年01月03日 23:50
  • MAGIC ULTRA

    メッセージありがとうございます。

    読者メッセージは表示されませんので、表示する場合はコメントを書くからお願いします。
    2018年01月05日 18:29