認知バイアス

認知バイアスとは、簡単に言えば、先入観などの思い込み、願望などによって事実を捻じ曲げて自分に都合が良いように解釈しようとする心理現象のことです。

まさに集団ストーカーなど存在しないと主張する人々が、この特徴すべてに当てはまります。
世の中の人々は不自然なほどに認知システムに問題を抱えていると言えます。

一見すると集団ストーカーの問題は、被害者の誤認によるものと思いがちですが、それこそがバイアスの結果です。
実際は被害者の主張を理解できなくなっている時点で、認知バイアスが強力にかかっています。
被害者同士では普通に意思の疎通が出来ているわけですから、被害者の認識がずれているわけではないのです。
他人と全く同じ認識のずれが、同時に起きるわけはありません。
こういったことも、認知バイアスによって、どうしても感情的に認めたがらない人々がいます。

集団ストーカーとは、この人間の特性を利用した嫌がらせですから、認知バイアスや確証バイアス、正常性バイアス、対応バイアスなど、人間の持つ特性を知っておく必要があります。

バイアスは自身の経験などの体系化から起こりますが、その根底には社会による洗脳があります。

バイアスは恐怖や嫌悪、差別などで感情を操ることによっても作られます。

バイアスには、人間が自己保身のために元から保有しているものと、自分の都合のいいように解釈したいという本能的なもの、さらに社会的に作られた洗脳に近いものなどがあります。

認知バイアスとは、自分の考えの正当性を守るために、自分の考えに合わない主張をシャットアウトして、意識的、無意識的に無視するものです。
当然、自分の直感に合わないものを理解しようとしないわけですから、論理的な思考は出来なくなります。
それは感情的なレベルでコントロールされているのでしょう。

バイアスにかかっていることには気づかない人が多く、気づいたとしても自分に都合が悪い情報であるため、意地でも認めようとしないことがほとんどです。
そして、相手の方がバイアスにかかっているから理論が成り立たないのだと責任転嫁し、論理を超えて相手を攻撃するようになります。

特殊な例として、論理を超える答えが、社会的に用意されている場合があります。
集団ストーカーに対する統合失調症という答えが、まさにそのための社会的バイアスになります。
これはバイアスというよりも、確信的な嫌がらせであり、また無意識的にミスリードに誘う罠でもあります。
何も分からない人の場合、吸い込まれるようにその答えを妄信するはずです。
社会的に用意された答えというものは、それほど強力な誘因力を持ちます。


集団ストーカー被害者の中で、特に精神病に見える描写の部分のみを切り抜いて並べ立て、説明が出来ないもの、否定できないものなどをすべて無視する。
これが意図的な嫌がらせであるか、単なる心理的なバイアスであるのか、その両方の可能性があります。

検証したいのならば、特定のデータのみを切り抜くのではなく、すべてのデータを並べなければなりません。
統合失調症という答えを念頭に置いての思考では、それらしい情報だけを正しいもの、信憑性の高いものと認識して、自分のイメージに合わないものは除外してしまう傾向があります。
これが確証バイアスです。

集団ストーカーの被害者が訴えている被害内容を聞いて、それが被害者の認識に関係のない他人の行動に関するものであっても、統合失調症の症状であるかのように思い込もうとする心理。
これは対応バイアスです。
レッテル張りにより、そのレッテルに自分の思考が縛られています。

そこに被害者がいて、明確に被害を主張しているにも関わらず、世間が誰も集団ストーカーを認めていない。よって集団ストーカーは存在しないと思い込もうとする。
これが正常性バイアスです。

これらはミスリードを誘発するアンカリングが施されている場合があります。
それが弱い洗脳であり、強い洗脳は世の中の情報のすべてです。


認知バイアスは、人間の特性を利用して、悪意のある情報操作によって、人々の認識を操るテクニックです。
認知バイアスを利用して差別を作り出し、また、差別によって認知バイアスを作り出します。

バイアスという言い訳によって、それは嫌がらせではなく、自然に起こったものであるというミスリードにも使われます。

バイアス自体も厄介ですが、それを陰からコントロールしている存在がいるということにも気付かなければなりません。

集団ストーカーを周知するためには、このバイアスを計算するか、バイアスに逃げられないようにする工夫が必要となります。
また、集団ストーカーを否定する人間がバイアスに陥った時に、すぐにその状況を指摘できなければなりません。

もちろん、集団ストーカーの被害者の方にも何らかのバイアスは働きますから、これに陥ってはなりません。
それが罠であるならばそれを見抜き、それを指摘されたら素直に認めなければなりません。

バイアスすべてを掻い潜れるような人間はほとんどいないでしょうから、人間の思考には必ず何らかのバイアスがかかっていると考えた方が早いのですが、できるだけそれを解除しなければなりません。

集団ストーカーの被害者の方は、すでに固定観念や概念がかなりの部分で崩されていますから、比較的容易にそれを達成することが可能でしょう。
問題は、そういったことを理解しようとしない認めない人々です。

精神病だと思っている人間が、まさか自分たちよりも正しく正常に世界を認識しているとは、とても認められない心理状況なのでしょう。

これは当たり前のことです。

集団ストーカーの被害者の方が精神的に正常であり、一般の人々の精神状況が結果的におかしいなどということは、決して認めることはないでしょう。

そういった世の中が逆転する現象が集団ストーカー現象なのです。

認知バイアスとは、それに気付けるかもしれない種明かしの一種です。

この記事へのコメント