思考盗聴とは何か

集団ストーカーの被害の代表的なものに盗聴被害があります。

盗聴被害は実際によくある話なのですが、集団ストーカー被害の場合は、盗聴器が見つからないのが特徴です。

まるで自分の生活している家の中すべてが盗撮や盗聴されているように、次々と自分が話した内容、行動の内容などが、職場の同僚、通りすがりの人などから仄めかされます。

被害者は必死に盗聴器やカメラなどを探しますが、見つかったという例はありません。
カメラが見つからなかった場合、それは集団ストーカーの被害である可能性が濃厚になったということです。

さらに驚異的な状況に陥っている被害者の方もいます。

それが思考盗聴です。

自分の行動や話した内容だけでなく、自分の考えていることまでが次々と他人やテレビなどから仄めかされるのです。
まるで脳内の思考が盗聴されているような現象です。

集団ストーカーの被害の中でも最も奇妙で、統合失調症のように見える現象です。

すべての被害者が体験しているわけではありませんが、かなり多くの割合で思考盗聴の被害が出ていることから、これが盗聴被害の真実であると考えた方が早そうです。

盗聴や盗撮はカメラや盗聴器で行っているのではなく、直接脳の信号を読み取られて、被害者の行動や思考までもが把握されてしまっているということです。

被害者が目で見ているもの、耳で聞いている音、触っているもの、その場の雰囲気、被害者の心拍数、感情、すべてが筒抜けになっていて、集団ストーカーのコンピューターに記録され続けているのかもしれません。

思考盗聴は、思考送信によっても作り出すことが可能です。
思考送信した言葉の内容を仄めかせば、まるで思考盗聴されているような錯覚を被害者に与えることが出来ます。
しかし、思考送信も思考盗聴もいずれも理解不能なレベルのテクノロジーですから、もはやどちらでも同じことでしょう。
問題は我々の想像を遥かに超える科学力を集団ストーカーは持っているということです。

ですから、盗聴被害を感じていても盗聴器は見つからないのです。

テクノロジー犯罪の被害者は、それぞれの被害のレベルに違いがあります。
より信じられる被害のみを考えるのではなく、より信じられない被害を考えなければ全体像を把握できません。

集団ストーカーの科学力は想像を絶するものだと思います。
現実的な科学の範疇の被害者は、より高度なテクノロジーの被害者を理解しようとしない人が多いようですが、それは一般人と被害者の違いと同じものです。
被害者が嘘を言っているわけではないので、より高度なテクノロジーはあるのだと考えた方が、集団ストーカーが解明できない理由の説明にもなります。

思考盗聴器があるのかどうかは分かりませんが、そういった被害がたくさん主張されていることは確かです。
メカニズムとしては、全く違うものかもしれません。

そもそも思考の正体が全く分かっていませんので、そういった人間の正体について意図的に隠された部分があることにも不審を感じます。

思考盗聴にもレベルの違いが有り、思考が盗聴されていると思い込ませるだけのトリックによる思考盗聴と、決定的に脳内の思考を読み取っている証拠をリアルタイムに顕示するテクノロジー犯罪があります。

最も大切なことは、これだけの科学力を持っている存在ならば、世界を支配するのは簡単なことだろうということです。

この記事へのコメント

  • ハイテク兵器被害者

    兵庫県尼崎市大西町3-17-32-504に10年前に住んでいた樋口運送の樋口敦の娘、樋口えりかが尼崎市医療生協病院に10年前に小児科外科にいた看護婦の子供を思考盗聴すれば全てが分かると音声送信してきます
    その子供が全ての情報を持っているそうです
    その看護婦は、樋口えりかを思考盗聴しろと音声送信してきます
    2017年04月08日 11:37
  • 被害者ですが、思考盗聴はありえません。
    2017年06月04日 01:31
  • MAGIC ULTRA



    >あさん
    >
    コメントありがとうございます。

    それを経験している被害者と経験していない被害者の2つのパターンに分かれるようです。

    思考盗聴被害者の苦しみは、同じ被害者にさえ伝わらないことがあります。
    集団ストーカーの被害者には、タイミング合わせという被害を受けている人が多いのですが、これは思考盗聴に近いものです。
    思考盗聴という奇妙な現象は、勘違いではなく、確かにあります。
    自分の考えていることが、その考えたタイミングに合わせてぴったりと他人やテレビなどから仄めかされたり、現実に現れたりする現象です。

    集団ストーカーが高度なテクノロジーを持っていることは間違いないと思われます。

    そのテクノロジーを誇示しながら実行するのか、見せずに実行するのかの違いだと思います。
    2017年06月04日 16:20

この記事へのトラックバック