集団ストーカーの解釈の盲点

多くの被害者が、この現象を集団ストーカーと呼ぶことに違和感を持っています。
被害状況は人によって違い、場合によっては従来の集団ストーカー現象の説明を遥かに超える被害を受けている被害者もいます。

集団ストーカーのテクニックとして紹介されているものは、アメリカのガスライティングの本が元になっていて、これは個人が誰か嫌いな人に嫌がらせをするために書かれているものです。

集団ストーカー現象は、ガスライティングになぞらえて実行されている嫌がらせではありますが、ガスライティングの体験以前に、既に人生を破壊されていることがほとんどです。

ガスライティングは精神病に見せかける犯罪ですが、稀に精神病に全く見えない被害状況の被害者も存在します。

そうするとテクノロジー犯罪と呼んだ方が的確なように思えますが、テクノロジー犯罪のような現象を受けていない被害者もいますので、難しいところです。

正確に言葉で表そうとするならば、「世界的な、個人への目に見えない嫌がらせ」となります。
嫌がらせは人生の破壊に及んでいますので、集団ストーカー、ガスライティング、テクノロジー犯罪などは、被害のほんの一部を表す言葉に過ぎません。

敵の姿が見えない偶然を装った嫌がらせによって、人生が何一つうまくいかない人生体験プログラムとも言えます。


人生や人の命に価値があると信じている人も多いでしょうが、集団ストーカーの被害者の場合は違います。
すべてに悪意が込められますので、美しさであるとか愛であるとか信頼などもすべて攻撃の材料となります。

すべてが逆転されているというのともまた少し違います。

人間が作り出した価値観は、人間の悪意によってどうにでもなるということをすべて見てきていますし、それを知らずに人生は素晴らしいとか愛は美しいとか言っている人が多いことが理不尽に見えるように設計されています。

被害を受けない人々は平和で楽しい人生を送ることが出来ますが、被害者が存在しているのに、世界は美しい、人生は素晴らしいと言うことは本当に正しいことでしょうか。
このあたりが集団ストーカーの本質です。

人間が為すことはどうにでもなります。
不変のイメージなどありません。
イメージはどうとでも操作されます。

集団ストーカーの被害者はそれを見るためのプログラムを実行されているのかもしれません。

世の中に幸せな人が存在するのならば、必ずと言っていいほど不幸な人も存在する。
愛に救われる人がいるならば、愛に虐げられる人もいる。
何かを信じるということは、すべて宗教のようなものです。

無理に何かを信じる必要はないのです。
判断を急ぐ理由は、安定的な自分の立場を確保したいからです。
そういった心理的な脅迫を何者かから受けているのです。
集団ストーカーの被害者には、一般の人々が集団ストーカーを信じたくない理由や、その可能性から逃れようとする不自然な流れがはっきりと見えています。
一般の人々はその部分が飛んでしまっていて、おそらく意識すらしていないでしょう。
ほとんどの人に、集団ストーカー被害者の主張に対する無意識の嫌悪感や侮蔑があるはずです。

集団ストーカーが存在する場合、他人の意見に流されたり、あるいは耳を傾けなかったり、すべての情報の理解がうまくいかなくなります。
正しいとか正しくないといった判断は現実に繋がりますが、美しいといった価値観は人によって変わりますし、悪意が入り込んだ場合に取り返しのつかないことになります。
特に愛という言葉を感情的に押し切ろうとする勢力が多いのです。その言葉によって悪が保護されてしまっているというトリックがあります。

まやかしの価値の押し付けが多いので、初めからそれらに頼らない方が無難でしょう。
人生を豊かにするよりも前に、被害を受けない人生にすることが大切です。

努力、才能、運などは、悪意の前ではすべて役に立ちません。殺されればすべて終わりです。
殺されなくても嫌がらせ一つで、すべての努力や価値を無に帰すことが出来ます。
この事実を認めない人々が多いので、嫌がらせが止むことはなく、世の中が歪みます。

しかも、集団ストーカーの場合は誰にも認知されずに誰も防ぐことが出来ない犯罪です。
それどころか本人の遺伝子由来の精神病のせいにされているのです。

無常ということではありません。
これは自然ではありません。
何者かの悪意が確かにあるのです。

集団ストーカーによって損をしている人がいるならば、集団ストーカーによって得をしている人もいる可能性を考えなければなりません。これは必要です。
それだけの技術力があるのですから、ただデメリットを作り出すだけではないはずです。
ストリートシアターなどの現象を見ても、これを使って人を喜ばせることも出来るはずです。
人間関係を破壊することが簡単に出来るならば、良い人間関係を構築する操作も簡単です。

集団ストーカーのイメージのせいで、本当の全容が見えなくなってしまっている可能性があります。
実際はもっと広い範囲の嫌がらせなのです。
一部分ではなく、運命のすべてを操作されている被害者もいます。
人生のすべてを失った被害者もいます。
すべての人々の運命が、実は何者かによって操作されている可能性もあるのです。

すべてが操作されているわけですから、一般の人々も無関係ではありません。

まだ何も分からないわけですから、もっと広い範囲で捉えておいた方が無難です。
集団ストーカーは、その正体を絞らせるような情報は一切漏らしません。
無意味に思える訳の分からない仄めかしによって翻弄され続けます。

集団ストーカー=運命=人間=コンピューター=神=生命体=思考=しかしやはり悪意だけは確かに存在しているのです。

集団ストーカーとは、差別プログラムであるように見えます。


この記事へのコメント

  • ハイテク兵器被害者

    〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇-〇〇-〇〇-〇〇〇に10年前に住んでいた〇〇〇〇の〇〇〇、その息子〇〇〇〇〇、娘、〇〇〇〇〇と〇〇〇〇〇の高校の同級生1名と〇〇〇〇〇と同じ〇〇〇〇〇〇に住んでいた〇〇〇〇〇の友達に思考盗聴集団ストーカーハイテク兵器で頭に強すぎる電流を流されて頭を締め付けられたり重くされていて遠隔からブレインマシンで攻撃されていて書かないと強く頭を締め付けられ苦しいです
    〇〇〇〇〇は〇〇〇〇〇〇〇〇〇に10年前にいた小児科外科の看護婦と仲間割れをしたらしく
    その看護婦の子供を思考盗聴できる団体を探せと音声送信してきます
    被害者のブログお前が書き込むことによって
    その被害者を思考盗聴している団体に〇〇〇〇〇〇の看護婦の子供を調べさせ思考盗聴してもらう
    〇〇〇〇〇は権力を持っているのでそうかから表彰されると書けと音声送信されていて
    書かないと心臓をとても苦しくされます
    〇〇〇〇〇の言う通りにしています
    〇〇〇〇〇は看護婦の子供を思考盗聴できる団体を早く探せと毎日書けと音声送信してきます
    探さないと〇〇〇〇〇も危ないのかもしれません
    2017年04月07日 17:42
  • ハイテク兵器被害者

    〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇-〇〇-〇〇-〇〇〇に10年前に住んでいた〇〇〇〇の〇〇〇、〇〇〇〇〇、〇〇〇〇〇と〇〇〇〇〇と同じ〇〇〇〇〇〇に住んでいた〇〇〇〇〇の友達の家族に思考盗聴集団ストーカーハイテク兵器で頭に強すぎる電流を流されて頭を締め付けられたり重くされていてブレインマシンというそうです
    〇〇〇〇〇は最近〇〇〇〇〇〇〇〇〇に10年前にいた小児科外科の看護婦と仲間割れをしたらしく
    その看護婦の子供が情報を持っているからその看護婦の子供を思考盗聴できる団体を探せと音声送信してきます
    書かないととても強く締め付けられます
    2017年04月11日 11:16
  • MAGIC ULTRA

    >ハイテク兵器被害者さん
    >
    1年近く前に頂いたコメントですが、個人情報らしきものがあったので表示できませんでした。
    コメントを改竄してまで表示するのはどうかと思いましたが、だからといって消去するのもどうかと思っていたところ、なんらかのミスで表示されてしまい、最近コメントの編集機能がつきましたので、個人情報らしき部分を伏せて表示させていただきました。
    2017年12月28日 00:43

この記事へのトラックバック