科学の真偽

集団ストーカーと直接関係がないような物理ですが、どうもこれを説明しないと基礎知識が不安定になってしまい、人によって認識がバラバラになってしまうらしいことが分かりました。

物理というものは絶対に変化しない真理であるというイメージがあり、その影響で物理理論までも絶対的なものだという誤解やミスリードがまかり通っています。
実際は物理理論はコロコロ変わるものでありどの科学者も真理には程遠い状況で、例えば重力などの発生メカニズムや光速度不変のメカニズムなど、本当に重要なことにはどの科学者も触れたがりません。
そもそも本当に光速度は不変なのかもまだ曖昧ですし、重力の力が全宇宙で一定なのかも分かっていません。
よく分からないからとりあえずそういうことにしておこうというのが現代の科学の限界です。
全く絶対的なものではありません。

ところが科学者はムキになって科学は絶対であるという布教をしようとする傾向が強くあります。
これは非科学的なものを駆逐するためには必要なものですが、科学が絶対であるという間違った知識も人々に与えてしまいます。

stained-glass.jpg

アインシュタインの相対性理論がとても良い例になっていますが、これは人間の直観と実際の物理世界は異なるという事を示すものです。
しかしだからといって相対性理論が絶対に正しいというわけでもありません。これがミスリードのテクニックです。
物理世界が人間の直観と異なるという決定的な事実を突きつけながらも、だから相対性理論は絶対に正しいという布教活動も同時に行われているのです。これはとても宗教的でとても皮肉的です。

真実の中にミスリードを混ぜ込むというのがミスリードという布教のテクニックです。

相対性理論と双璧をなす量子論に関しては、相対性理論以上に物理の真実に迫るものであるにも関わらず、一般にはあまり布教されません。
相対性理論以上に人間の直観と異なるからですが、これらも恣意的に操作されているものだろうと思います。

そもそもの相対性理論もあまりに誤解されて分かりにくく説明されているふしがあり、ありありとミスリードの兆候を見ることが出来ます。

検証可能なものが科学ではありますが、その検証で偽の結果を与える技術があることを、テクノロジー犯罪の被害者であれば理解できるはずです。さらに検証結果を書き換えてミスリードすることも容易であることを集団ストーカーの被害者であれば容易に理解できるでしょう。

その証拠を突きつけることが出来るのは結局権威しかなく、その権威の奴隷となっているのが今の世界です。
我々にとっては不都合なこの権威の力ですが、被害者もこの権威にすがるしか生きる道がないという板挟みになっている事実があります。
権威=世界であると言うと分かりやすいでしょう。

そもそも情報のすべては集団ストーカーによって操作されていると私は考えていますから、この枠内でそれを説明しようとするならば、その枠そのものが罠なのだと言う事です。

科学者が語りたがらない生命という問題があります。さらに自由意志とクオリアがあります。
科学と生命とは矛盾する問題であり、生命を物理的反応と考えてしまうと、人間を含めて生命は何ら霊的な存在ではないということになります。同様に自由意志は存在しないということになります。これは二者択一に近いもので、自由意志を信じるならば科学を否定しなければならない、科学を肯定するならば自由意志を否定しなければならない。両立はギリギリ可能になっていますが、その部分の情報がまるで存在しないのはあまりにも恣意的に感じます。つまり生命や自由意志、クオリアの正体を科学者は意図的に隠しているか知らないと考えられます。
それを説明できない以上、物理全体が信用に足るものではないということになります。

このような矛盾の中にわずかに真実らしきものが垣間見えるのです。

科学者は科学的に考えると言っておきながら、生命を科学的な存在だと認めません。逆にクオリアは科学的なものだと説明していますが誰もそれを説明できていません。

分かりやすい説明としては生命の誕生が挙げられますが、これが自然に当然のようになるべくして誕生したというのが科学的な考え方ですが、これが信仰以外の何者でもない典型的な例えになるでしょう。
科学で全く説明できていないにも関わらず、とりあえず物理的に当然の作用として誕生したのだろうと仮定し、さらにその存在は物理で説明がつかない動きをしているのです。科学というものがまだ信用に足るものではないことをとりあえず理解するべきでしょう。

ここまで説明すればインテリジェントデザインを基に考えた方が現在においてはまだ幾らか科学的であることが理解できるでしょうか。
自然であると決めつけるのではなく、自然かもしれないし自然ではないかもしれないと考えるのです。

今の科学的感覚は不自然に洗脳的なのです。

よく宇宙人が存在するかという話になると、地球は特別な星だから地球以外に生命体はそう簡単には存在しないという話になりますが、地球でそんなに簡単に生命体が誕生したのなら、他の星でも比較的簡単に生命体が誕生するはずです。この辺りのダブルスタンダードも科学的常識がいかに捻じれているかを物語っています。
化学変化の延長である生命活動ですが、化学変化との隔たりが大き過ぎる上に生命体になった途端に科学者はそれを単なる化学変化であると言うのを止めます。
科学という信仰が生まれます。

物理定数の偶然、重力バランスの偶然、生命誕生の偶然、特に生命については生命の基となる物質の誕生でさえ奇跡に近いものです。

0119.jpg

地球だけが奇跡、人間だけが奇跡、奇跡を信じながら科学を信じるということがいかに非科学的なものでそれは信仰を超えた洗脳であるということが分かるでしょう。
宇宙が膨大であるのは確率をごまかすためです。さらに物理法則に隙間を作ることによって奇妙な物理現象を正当化させやすくなります。

人間の意識が宇宙の必然で生まれたとすると、意識まで生み出すここまで複雑過ぎる物理運動が自然に生まれた説明が出来なければなりませんが、不自然に肝心な部分の情報が抜け落ちています。

物理を信仰していなければそれを突き詰めようとするのは困難でしょう。

科学には不自然な圧力がありそれが正常性バイアスを形成します。科学のメカニズムを知っている者にとって人間の心理を操作することは造作もないことでしょう。だからこそ科学にはミスリードが練りこまれて多分に含まれ、それは部分的には間違いなくミスリードですが、ひょっとするとすべてがミスリードであるのかもしれません。

科学の認識が常識を操作し世界やすべての人々を操作しています。
意図的な科学情報の欠落を見ればその操作がわりと露骨なものであっても誰も気付かないことが分かります。プラスの異変よりも少なさの異変はより気付きにくいでしょう。
情報がはっきりしないことには理由があります。

科学は100パーセントどころか、その情報を流す支配者によっては1パーセントも信用できないものかもしれないのです。

0119-2.jpg

この記事へのコメント

  • 丸(まり)

    カガクわ ままごと(真実)を もとめるものであり、
    ゲンジトゥに おこるジショウを テイギし カイメイしていくものだす。

    しかし、シュウダンストーカーも そうだすが、
    ニッポンジュソ、シュウイの トウカ、ノウキノウの デンパみたいな ゲンジトゥを カガクわ
    なにも カイメイしやうとしもせん。

    100000ポ ゆずりて トウカやデンパわ かんちがい
    としても ニッポンジュソわ ままごと(真実)だす。
    しかし カガクわ チンモクします。

    キョウダイみたいな ケンキュウシャが おおいところの キンジョにすんでも だりぇもなにも セッショクを こころみもせん。こりぇわ おかしなことだす。
    よのなかわ フカカイなことを カガクで カイメイしていく という ゼンイが そもそも 誤り(とちり)ているのだす。
    よのなかわ フカカイなことなど キョウミのいのだす。もしくわ その リユウを しりてるのだす。

    シュウイの ものが トウカして いえのなかが 尿(まる)みえなのに おどろく おなご。
    https://www.youtube.com/watch?v=pg7_K6KSy4s
    2020年01月24日 14:50
  • × ゼンイが
    ○ ゼンテイが
    2020年01月24日 22:41
  • MAGIC ULTRA

    >丸(まり)さん
    >
    コメントありがとうございます。
    2020年01月25日 00:05
  • とりあえず名無し

    お久しぶりです。

    私は今年は、こちらに初めての書き込みですので、「あけおめ。ことよろ」でしょうか。

    テクノロジー犯罪により睡眠妨害や様々な攻撃を受けており、朝早く起きれないようにされ、仕事ができない状態にされて、雇用保険などで何とか凌いでいる状況です。

    集団ストーカー被害にしてもテクノロジー犯罪被害にしても、被害の程度が酷すぎると働けない状態になることは体験してますし、他の被害者情報で聞いています。

    昨年末にも集団ストーカーの被害に遭い、暴行事件の被害者にされ刑事事件になりました。この事件は、まだ完全に解決していないので、現段階では余り触れません。

    さて、ブログ主さんの二つ前の記事「世界に正当性はない」にも関係すると思いますが、この世界の全てに正当性がないとした場合、我々被害者は何を基に自分自身で思考し、他の被害者と会話や意志疎通をはかれば良いのか?という問題がひとつ浮かびました。

    そのひとつとして、論理(ロジック)は、どうでしょうか?

    論理(ロジック)は、我々自身の思考や他人との会話や意志疎通の基準のひとつになるでしょうか?

    論理(ロジック)さえも正当性がないとすれば、私たちの論理的思考や論理的会話にも正当性が当然なくなり、正当な話さえ不可能になるのではないでしょうか?

    論理(ロジック)なしで例えば、このブログの記事を書いたり、コメントしたりできるでしょうか?
    2020年01月25日 08:50
  • MAGIC ULTRA

    >とりあえず名無しさん
    >
    お久りぶりです。明けましておめでとうございます。

    私の方も相変わらずで今年に入ってから睡眠妨害が止みません。前に安眠できたのがいつだったのか思い出せません。今自作の睡眠カプセルのようなものを作ろうとしているところで、とりあえず部屋中の壁と天井と床に遮音シートや吸音材などを3重にして張り巡らしました。
    それでも透過する衝撃波のようなものに起こされるのでさらに防音用ベッドを作る予定です。

    論理についてはとても面白い思考です。
    ロジックは言語に由来すると思いますので、言語が他者とやり取りするロジックになっているだろうと思います。
    言語は物理的感覚から発生しています。また、表面上はこの世界には正当性があることになっていますからそれである程度の意思の疎通が可能ですが本当の真実からは遠ざかります。

    そして私が言っている正当性の無さというのはこの言語にも表れていて、わずかに人によって言語の意味が変化するような感覚があります。

    この論理の違和感は調整されていて、例えば1パーセントが種明かしとして正当性を崩されながらも他の99パーセントの論理は正当性を保っていたりします。我々は残されたこの99パーセントの正当に見える部分で会話しているような状況です。

    ただしこの1パーセントの違いだけでも本当の意味はわずかにずれますから、ずれていく部分を認識しながら熟慮して会話の擦り合わせを行う必要がありますが、相当数会話のやり取りを繰り返さなければそこまで到達しないでしょう。
    ほとんどの人々は途中であきらめてしまい、どちらかに統合失調症の烙印を押して封印しようとするかもしれません。

    被害者同士の論理のずれは1パーセント程度ですが、一般人と被害者の論理のずれは5パーセントくらいあるような感じです。

    被害者にとっては世界に正当性がない証明にもなりますが、統合が失調しているのは世界の方であると言うと分かりやすいと思います。このような逆転現象が集団ストーカーですね。

    このブログなどでどれだけこちら側の正当性を証明できるかが鍵になりますが、世界に正当性がないわけですからこちらが正当性を主張しても意味が少ないのですが、予定調和の確認が一つの意味になります。
    2020年01月26日 00:31
  • とりあえず名無し

    >ブログ主さん

    このテクノロジー犯罪で直接、心身に攻撃を受けた場合は、現代の科学技術で攻撃を遮蔽(しゃへい)する手段はありません。

    ブログ主さんもご存知の通り、このテクノロジー犯罪に使われている電磁波のようなものは、実際は電磁波ではなく、現代科学では検知できない何かが使われていることは確実です。

    電磁波の測定器や遮蔽板・シールド的なものを使っている被害者もかなりいますが、本当のことを言いますとあれは、このテクノロジー犯罪の攻撃(何かしらの力)を直接に遮蔽・シールドなどをしている訳ではなく、このテクノロジー犯罪をコントロールしているコンピューターが被害者の状況に合わせて攻撃を操作しています。

    実際に電磁波測定器で電磁波が変化していると言う被害者もいますが、このテクノロジー犯罪のテクノロジーでは、その場の電磁波も操作でき、電磁波でやっているように誤解させることもできます。

    このテクノロジー犯罪の攻撃は地球のどこに居ても、電磁波が届かない所でも、どのような防御をしても防ぐ手段は無いのですが、このテクノロジー犯罪をコントロールしているコンピューターがターゲットの状況に合わせて強弱種類を変えてきますので、被害者のある状況により攻撃が弱められれば、それはそれでより良いでしょう。

    そのような訳で私は、このテクノロジー犯罪に対する防御的なグッズをほとんど使っていませんが、攻撃が弱まる状況(テクノロジー犯罪の場合、部屋の中より外のほうが弱められやすいなど)なら行っています。


    「世界に正当性はない」「科学の真偽」に関することで論理(ロジック)を取り上げたのは、正当性がありそうなものは何かあるか?と考えると、例えば論理学の恒真式(トートロジー)というのがありますが、その名の通り、恒(つね)に真となる論理式なので、これは正当性があるのではないかと思い挙げました。
    2020年01月26日 17:16
  • MAGIC ULTRA

    >とりあえず名無しさん
    >
    コメントありがとうございます。

    私の場合はテクノロジー攻撃の度合いが非常に弱いので、あえて通常攻撃を防御してテクノロジー方向へ誘導してテクノロジーを分析するという目的がありますが、そのあたりの敵方の出方を見ることが出来るかもしれません。

    恒真式という考え方は面白いですね。
    集団ストーカーはそれらに隠された情報を使いますから、それらの闇のテクニックのあぶり出しに使えるかもしれません。
    2020年01月26日 22:35
  • とりあえず名無し

    当然ですが、集団ストーカーも、このテクノロジー犯罪に使われているテクノロジーを使わなければ起こせません。

    繰り返しになりますが、集団ストーカーで良く起きる、人間の言動や物事などが通常あり得ないタイミングで起きるという異常な現象は、このテクノロジーで被害者や人間や物事が操作されて起きる現象です。

    警察や救急車や集団ストーカーをやっている人たちの通常あり得ないようなタイミングの言動は、いずれの人たちも、このテクノロジーによりコントロールされていることを意識できないように操作されて起きている現象です。


    論理(ロジック)は、ブログ主さんも、このブログで多分に論理的な思考を記述されているのが見受けられますので、論理(ロジック)は集団ストーカーにも通用するものかもしれません。

    この集団ストーカー、テクノロジー犯罪は、現代科学を遥かに凌駕した科学力・テクノロジーなので現代科学は通用しませんが、論理はかなり通用すると考えられます。
    2020年01月27日 23:28
  • MAGIC ULTRA

    >とりあえず名無しさん
    >
    コメントありがとうございます。

    テクノロジーにはテクノロジーで対抗と行きたいところですがさすがに無理なレベルの差です。

    論理戦にて敵のテクニックや情報を多く引き出したいものです。
    2020年01月28日 01:17
  • NOAH

    MAGIC ULTRA様

    宮城県
       佐沼高等学校 卒業生
    学年トップ 東北大学 国公立大 進学校
      仮面ライダー  石ノ森章太郎氏 
       AKIRA       大友克洋氏
               
    私の成績って悪いのですが石ノ森さんと大友さんも実は、成績がわるかった

    隣の席だった人達が難しい会話をしているので言われても平気なのでした


    NOAHのHR
    まず、皆さん
    総務は組織で組織力から参加意識がまだ出ないのは分からない
    庶務って仕事のことだったハルマゲドンだから「思考盗聴ある」を世界中の参加者さんから事務仕事としコメント下さい
    ど~ぉ考えても総務(組織図)悪し

    私は二十代はじめ高額な食事代を何回か奢って戴き選ばれた人間気分になり芸能
    界とかこの先ずっと無料でいけるみたい
     でも使う相手がいる でも簡単
     でも女ってお得 でも結婚じゃない
     でも止めよう でも凄いことになった
    Aなるべく狡いことはしない

    とうじ
    日記を書いたり自問自答して頭は冴えていた初めての大人道が現れ試されたと思うのですけどみなさんがんばりましょう

    天使angel  悪魔Satan

    はい、皆さん
    日本国には三大大学があります
    京都大学 東京大学 東北大学
    国立東京大学それが実現してくれた
     東京大学卒業 大川隆法先生
     大天使  エルカンターレ  OKです
    創造主サタン地球だって悪魔

    天使を選択

    予言どうり世紀末から運命・使命・宿命の被害者ブログがたくさん出ているのに運命操作なのか電磁波テクノロジー犯罪と宗教や神様バランスを探してみよう

        操作  天使   悪魔

    なんてこった人間界は操作を旅する
    宇宙アドベンチャーゲームだったのか

    思考盗聴と言う信じられない電磁波攻撃はモビングをし自殺強要してゆく犯罪
    警察官たちの気楽な方針に見過しされた
    では逆にどんな人間がそんな盗聴をするのでしょうか

    日本人て親や祖母とかの愛で躾の身に付いた優しい気質なので敵なんていないと育ちはいいしのんびりでした

    私がビックリしたのは日本社会の教えてくれた真実「お茶に雑巾ミズ」です
    同じ人間として嫌な奴に雑巾の水でお茶を入れて出すなんて人間じゃない
    職場10人いたら9人で飲みに行くそうだ
    ネズミの嫌がらせをするそうだ
    夜道に反対を案内するそうだ
    何だか最近まで分からなかったけど朝鮮人がオフィスを構え社会進出し日本にはどうやら同和部落出身が権利と言って乗っ取り完了したらしい
    30年前ならそんな人もいるのかと危機感はなかったけど「気質」を勉強しないとテクノロジー犯罪の解決にならずヤバい行為障害者は止めてと言うと止めないし更に弱らせて追い込む同和気質とあった
    罪の意識が欠如しているのだ

    私は気が強くていつの頃からか潔いなんて言い始めて操作くさいが日本人の狩りだと聞いて許せない
    金丸征太郎氏の私はあっさりした性格だが気になる彼は日本人だと思う

    気質なのです

    日本人と朝鮮人と同和部落では共有できない気質で体を壊してしまう
    残念な気質なぜなら気質は変わらない
    そんなテクノロジー犯罪お忘れなく

    では、また


    see youうさぎ会
    2020年03月20日 16:33