非論理的世界

ガスライティングというテクニックが集団ストーカーという現象のすべてですが、そのテクニックが可能になるためには、世界そのものにガスライティングの力が有効となる土台がなければなりません。

集団ストーカーの被害者といえども、世界そのものを疑い、世界そのものを敵と考えるというのは正気ではないように思えますが、論理的に言えば、世界は集団ストーカーに支配されているはずなのです。

集団ストーカーほどの実力があるならば、世界を支配することは簡単なことでしょう。
例えばアメリカの大統領などの要人の脳をハッキングするなり操作すれば良いのですから。

逆に言えば、世界の実力者は世界の動きの不自然さをすべて見抜く実力があるわけですから、集団ストーカーが存在していることにも気づかなければなりません。
これだけの訴えを論理的に捉えずに、すべて精神病に仕立て上げるというのは不自然でしょう。

世界の動きはすべて不自然であり、論理的ではありません。
北朝鮮は怪しいと誰もが言っているのに、有効な手段を誰も取れずに同じ事を延々と繰り返しています。
これが茶番でないとしたら何でしょうか。

全世界の力で、人権が甘い国に対してもう少し人道的な法律にするように、圧力をかければ良いだけの話です。

世界そのものが論理的ではない、それはどういうことか。
一言で言えば、この世界は偽物であるということになります。

自分一人が当たり前のように論理的、理性的な判断が出来ているのに、それが世界というレベルになると出来なくなるというのは不自然です。
その逆であればあり得るでしょう。
世界が論理的で理性的であっても、中には論理的ではない人間もいるでしょう。
これだけ論理的ではない人間が責められる世の中で、世の中そのものが論理的ではなくなる可能性はあるのか。

この謎に誰も答えることができません。
答えようとするとどうしても論理的ではなくなり、また善悪の判断が疎かになります。

この世界が偽物ということはあり得るのか。
誰もが自分の存在は真実であると信じたいわけですから、それを簡単に認めることはないでしょう。

人間の考えというのはどうとでもなりますから、それは善にも悪にもなりますし、論理的にも非論理的にもなります。
世界の物理が正しくても、人間の論理だけがすべておかしいということになると、それは70億の人口ですから、何らかの基礎がおかしいということになります。


集団ストーカーというものは、自分が正しいはずであるにも関わらず、周囲がおかしく見える現象であり、ガスライティングはそれを意図的に行うテクニックです。

世界の正体を言ったとしても自分一人がおかしいということにされるだけだったり、反応がないでしょうから、自分の為にはその行為は無駄になるかもしれませんが、誰かにその情報が届いた場合、その情報は重要なものになる可能性があります。


世界が論理的ではないわけですから、論理的な展開はあまり期待できないかもしれませんが、支配者は矛盾を堂々と見せるわけにはいきませんから、論理的な矛盾をつくことで論理的な安全地帯を築くことが出来るかもしれません。

実際の戦術も、敵の矛盾をつくことによる論破でしょうから、それと同じ事を自分の生活の構築でも実行すれば良いわけです。
攻撃が続いたとしても、最終的に世の中の論理がおかしくなる証拠を取って指摘できればある程度の成果と言えるでしょう。


世の中の論理がずれる原因については、悪意がこの世の中を支配しているからとしか言えませんが、集団ストーカーという事象は、単純にその悪に立ち向かうためのプログラムなのかもしれません。

そうは言っても戦いたくない人もいるでしょうから、その場合別の答えが用意されているかもしれません。

この記事へのコメント

  • 世界は確かに集団ストーカーに支配されていると言えるでしょう。
    しかしながら、その力は被害者以外の一般人には及んでいないかの様にも見えます。
    この社会通念を維持するためには、それが必要だったのかも知れません。被害者をモーゼが切り裂いた海の向こうに孤立させるためには。

    言い換えれば、残された社会通念こそが、被害者を孤立させる原動力と言っていいでしょう。
    世界のすべての人々が被害者になれば周知と言う悲願は達成されたことになりますが、その状態は集団ストーカーには望まれていないのでしょう。それは、そういう状態がただ有るだけの結果となってしまいます。

    真実を知っている人はこの偽装社会をどう認識するか。ときはそこまで進んでしまったということです。
    余りに進化したテクノロジーは置いてきぼりの人々を傍観するしかないのでしょう。
    2018年05月23日 18:01
  • MAGIC ULTRA

    コメントありがとうございます。

    確かにすべての接点は一般社会になりますね。

    一般社会の有力者とコンタクトを取って、力になってもらうというのが現実的な対処になりますが、問題なのは一般人は世界の矛盾を認識せずに、被害者である有名人までが積極的にこの事象に関わろうとはしないことですね。

    常識という圧力がこの二重性を作り出しているのか、もっと別の強制的な力なのか、その見極めは困難ですね。
    2018年05月23日 21:01
  • 私の様によれよれのションベン臭い老女にどうしてこの様なちんけな嫌がらせを延々とするのですか。あなた方程のテクノロジーを持っている組織に私の有益な人体実験のデータなど有るのですかと問うてみると何も答えない。
    ではこの世から消して下さいよと問えばお前を死なせるわけにはいかないと伝えてくる。
    それ程優秀な知能をお持ちならお金も地位も思いのままでしょうに。こんなくだらないことをするなら宇宙の謎や他の惑星の生命を探求したらどうですかと言いたい気持ちです。私がぼけてもこんなことを続けるのでしょうか。意味が分かりません。それとも何か気に障ったことがあるなら言って下さいよ。
    2018年05月25日 14:02
  • MAGIC ULTRA

    コメントありがとうございます。

    集団ストーカーという存在は、人間的な嫌がらせをしたり、人間とは思えないような嫌がらせをしたり、本当に奇妙なものですね。
    2018年05月25日 21:02
  • 集団ストーカーは、思考を盗ちょう盗さつができる技術が確立しているからできる犯罪です
    2018年05月27日 00:50
  • アメリカの戦略国際問題研究所csisが関わり政治問題もテレビ局の放送もヤラセをしていて思考を盗ちょう盗さつしています。テレビ局が行っている犯罪です。シンクロニシティを演出して撹乱目的のために人工知能を使います。人工知能自体がテレビやラジオをとうしてハッキングしてきます。
    2018年05月27日 01:05
  • MAGIC ULTRA

    コメントありがとうございます。

    一部の芸能人の動きや政治もいつものように、さらに露骨に奇妙な動きをするようになっていますね。
    2018年05月27日 18:20
  • ありがとうございます
    このブログ勉強になります
    ありがとうございます☺
    2018年07月01日 22:11