集団ストーカーの加害者像

集団ストーカーの加害者は普通の人です。
その辺りにいるすべての人々が加害者となります。

おそらく、被害者同士ですら加害者同士になり得ます。

すべては高度なコントロール技術による現象であると思います。
なので、被害者の人たちが映した証拠映像に映っている人々は、加害組織には所属していない可能性があります。

加害者は普通の人を装いますが、時に警察だったり暴力団だったりすることもあるようです。
仄めかしはテレビを使って行われることが多いので、芸能人も加害者になりますが、仄めかしには応援メッセージといった側面もあるようで、仄めかしに勇気づけられる被害者もいるようです。
結局はマッチポンプなのですが、それに気づいていない被害者も多いようです。

老若男女すべての人々が加害者として現れます。
生まれたばかりの赤ん坊でさえ、加害者として使われます。
ですから、加害者に罪を背負わせるのは難しいのです。
加害者が犯行を意識しているかどうかの証拠がありません。そのように行われています。

加害者に対して、アンカリング返しをやっている被害者のブログや映像を見ますが、あまり効果はないでしょう。
アンカリングは複数の要員で、複合的に複数回実行するから効果が高いのです。
しかし、精神を平静に保つためには多少の憂さ晴らしも必要でしょう。

悪いのは加害に加担する方で間違いありません。
しかし、加害者が本当に加害を意識しているかどうかが分かりません。
ただ操られているだけの可能性があるのです。
敵は勘違いを誘発させるのが得意なので注意が必要です。
勘違いを誘発させる世の中が問題なのですが、一般の人はそれを理解しないでしょう。

それがガスライティングの真骨頂です。
被害者の方が悪者にされます。

加害者がなんらかの組織に所属しているとすると、組織の中の誰かが裏切るという危険があります。
集団ストーカーの秘密を暴露する、正義溢れる人が存在する可能性があるのです。
それが全くないということは、加害者は洗脳などの完全な統制下に置かれているということです。

集団ストーカーの組織も加害者も、我々とは比較にならない科学の中にいます。

しかし、まだほとんど解明されていない統合失調症という答えに逃げてはなりません。

被害者の人々が訴えているのは、脳の問題とは関係のない、実際に起こっている事象のことなのです。
よく情報を見てみると、実際には統合失調症と関係ないものがほとんどです。
統合失調症では、明らかに変わっている確率を説明できません。
世の中のニュースのおかしさを説明できません。

加害者が、本当に加害者であるという証拠がない。証拠を隠しているだけではなく、本当にない可能性まであるのです。
これが現代型ガスライティング、集団ストーカーの最大の特徴です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック