ストリートシアターとは何か

ストリートシアターは、突然ターゲットの目の前で、ドラマ的な演技が始まるといった嫌がらせですが、嫌がらせなのかよく分かりません。
そういうテクニックがあるということが書かれていますが、被害報告はそれほど多くありません。

おそらく集団ストーカーの嫌がらせの中で、もっとも攻撃力が弱いと思われるテクニックですが、まだ知られていない効果があるのかもしれません。

多いのは突然騒ぎ出す人が現れたり、普通に歩いていた人が突然、障害者のような動きを始めたり、目の前で誰かが突然逃げ出して、警官が後ろから走ってくるという小芝居のようなものを見るなど、誰も得しない嫌がらせです。

フラッシュモブという手法がよく似ています。
フラッシュモブが特定の人を驚かせるために実行するのに対して、ストリートシアターは基本的に嫌がらせです。
しかも地味でよく分らないものが多いようです。

この被害を受けると、世の中のすべてのことが嘘なのではないかと疑うようになります。
これが狙いなのかもしれません。
但し、世界すべてが嘘である可能性もあります。

被害者がストリートシアターに参加させられることもあり、人間関係のトラブルもストリートシアターの可能性があります。
被害者はすべての人間関係を疑うようになります。

ストリートシアターが報告されているということは、この犯罪になんらかの意味があるということでしょう。
ストリートシアターは、コリジョンキャンペーンよりも高度な人間コントロール技術なのかもしれません。

これらのガスライティングのテクニックは、アメリカで研究されたもののようで、特に「Gaslighting How to Drive Your Enemies Crazy」という1994年に発売された比較的最近の本が、日本で知られているガスライティングの基礎知識になっているようです。
よく分からないテクニックは、アメリカ人には効果があるのかもしれません。

実際の集団ストーカーの犯罪は、この本に書かれている内容とは別次元のものです。
この本の言葉やテクニックを利用して、被害者たちは説明し難い事象を表現しているものと思われます。
実際の被害は多種多様であり、この本の内容やテクニックの範疇に収まりきるようなものではありません。
これらのテクニックのカテゴライズは、逆に真実から遠ざかる作業なのかもしれません。

集団ストーカーは遊び感覚で、本の知識などに似せて、これらの犯罪を実行しているのでしょう。
集団ストーカーは、敢えてカテゴライズされた犯罪を、実行しているように思えます。

この記事へのコメント

  • 2018年07月09日 10:22

この記事へのトラックバック