集団ストーカーの犯行レベル

集団ストーカーの犯行レベルは人によって違います。

その範囲はあまりに広く、他愛ない仄めかし程度のこともあれば、最悪自殺に追い込まれたり、精神病院に入院させられたりします。
シナリオを複雑に絡み合わされ、様々なテクニックを複合的に使われます。

あまりに多様な現象を、できるだけまとめてみます。

一般の人には、統合失調症の症状との違いが判らないと思いますので、統合失調症自体が集団ストーカーが作り出したものと仮定すると、解りやすいかもしれません。


レベル1 付きまとい(付け回し)、モビング

これは普通のストーカー被害に近いものです。犯人は知人であったり、知らない人だったりします。
集団ストーカーの被害との違いがまだはっきりしない状態です。
職場や学校などで、いじめのような経験をすることがあります。


レベル2 ノイズキャンペーン、ブライティング、コリジョンキャンペーン

現実感のある犯行です。
証拠を取ることも可能ですが、その頻度の異常を理解しようとしない人が多いでしょう。


レベル3 ストリートシアター、マインドゲーム

周囲の人々が何者かにコントロールされていることを、確信するようになります。
また、身の回りで物が壊されたり無くなったり、不審者が多くなったり、不審なことが起こるようになります。
まだ、集団ストーカーの仕業であると気づかないこともあります。


レベル4 仄めかし

テレビの内容や他人の発言と、被害者の思考や行動が一致するようになります。
ありえない頻度で、考えていることが次々とテレビや他人の発言で表現されます。
思考盗聴の初期段階です。


レベル5 思考送信、思考盗聴、電磁波犯罪

超常現象と思えるような体験をします。
オーバーテクノロジーが存在することを確信します。
皮膚の炎症や体の痛み、痺れなど体に不調があらわれます。
また、自分の考えていることが他人に読まれたり、頭の中の何者かと会話をして、その命令に従ってしまうこともあります。
すべて思考盗聴送信、電磁波犯罪であり、集団ストーカーの犯行です。
統合失調症の可能性も残されます。


レベル6 幻覚、洗脳、解脱、気象操作

超常現象を体験します。
体が自分の意志に反して動き、犯罪をしたり自殺など自傷行為をしたりします。
悟り経験もこれに含まれます。
神の姿を見たり、他人やすべての物質と融合したり、宇宙の真実を見たりすることもあるようです。
すべて強度の思考送信による幻覚で、集団ストーカーの犯行と思われます。
思考送信により、体の全ての神経系まで操れることがうかがえます。
解脱は、解脱をした気にさせるだけなので、その後、不幸を感じることになります。


レベル7 ネグレクト

死ぬまで種明かしをせずに、普通の人生を歩ませます。
集団ストーカーの存在を信じないまま、幸せに死んでゆくこともあるでしょう。
もっとも多くの人が経験する事象です。
また集団ストーカーの被害が治まった状態も指します。
ネグレクト自体には様々なテクニックがあります。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック