種明かしとは何か

種明かしとは、集団ストーカーがターゲットを狙っていることを、ターゲットに明確に自覚させることを言います。

ガスライティング攻撃は、基本的に犯人の正体が分かりません。
その事象すら被害者には把握できませんので、種明かしをしない場合、被害者は何が起きているのか理解できず、自分の精神がおかしくなってしまったと思い込みます。

そのままで犯行が続けられることもあるようですが、稀です。
大抵は種明かしをして、明確に被害者が被害者であることを自覚させます。
そこからでないと、大きなダメージを与えることができないからです。

被害者が、自分は統合失調症ではないと確信を持って主張するのは、この種明かしというテクニックを受けているからです。
種明かしを受けている被害者は、集団ストーカーだけでなく、一般の人とも衝突することになります。
一般の人々と衝突させるには、確実に集団ストーカーが存在するという種明かしが必要となるのです。
そうすることにより、集団ストーカーの存在を確信している被害者と、集団ストーカーを知らない一般の人々の常識がぶつかり合うことになります。
これが集団ストーカーの狙いです。

つまり、種明かしは被害者の常識の書き換えでもあります。
これで一般の人々と常識が変わることになります。

種明かしは、ターゲットに、おかしな現象を体験させて、その後、実はそれはこういうことだったのだという仄めかしによる回答を行うことにより、不思議な事象が起きた状況や仕組みを説明することもあるようです。
そして、それが当たっていることで、被害者に集団ストーカーの存在を確信させます。

ほとんどの場合、集団ストーカーは種明かしとともにミスリードも行います。
例えば、集団ストーカーは実は宇宙人であるなどと仄めかして、被害者に集団ストーカーの正体を宇宙人や特定の宗教団体だと思い込ませたりします。
不思議な現象が立て続けに起こっているので、これを信じてしまう被害者も多いようです。
ただ、犯人が宇宙人や宗教団体ではないという証拠はありません。

種明かしの方法としては、主に仄めかしや思考送信が使われます。
例えば被害者が見ているインターネットに、集団ストーカーの情報を割り込ませます。
そして、被害者の被害状況と同じであることを仄めかし、自分も集団ストーカーの被害者なのだと自覚させます。
他には、テレビなどで、被害者と似た名前の人が、精神がおかしくなって殺人事件を起こしたというニュースを流し、その犯人の供述内容で、被害者の被害状況と同じ状態を言わせたりします。

よく間違えやすいのが「統合失調症の患者が、インターネットの情報を見ることによってインスパイアされて、集団ストーカーと言い出している」という考え方ですが、ほとんどの被害者がインターネットを見る前からその状況を訴えています。

物事を説明するうえで、時系列は大切です。

被害者が集団ストーカーと言っているのは、その言葉しか有名な言葉がないため、便宜上の理由からです。

この集団ストーカーという言葉のイメージが、誤解を生む要因となっているようです。
集団ストーカー現象は、集団とも、ストーカーとも、それほど関係がありません。
敵が普通の平凡な人間と思っていると理解できないでしょう。
異常なのは被害者ではなく、加害者の方です。

これが、情報操作などによって真実を逆転させるガスライティングという技法です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック