仄めかし(ほのめかし)とは何か

仄めかし(ほのめかし)は、ノイズキャンペーンと並ぶガスライティングの象徴的テクニックです。

最もガスライティングらしい手法であり、おそらく一般の人がイメージする集団ストーカー被害や、統合失調症の症状がこの仄めかしだろうと思います。 

ノイズキャンペーンやコリジョンキャンペーンは頻度の異常を使いますが、仄めかしは頻度を稼ぐことが困難であるため、1日に数回程度の被害のようですが、稀に数えきれないほどの被害を受けることもあるようです。
アンカリングにより、日常にあることを仄めかしと思わせることも可能です。

他の嫌がらせは感覚や頻度を利用しているので、被害者が過敏症であるというイメージを与えますが、この仄めかしは過敏症に加え、精神障害に直結しているイメージを与えます。
つまり人間関係に決定的なダメージを与えます。

仄めかしは、主に情報のやりとりで行われる嫌がらせです。
ターゲットに対し、ターゲットしか知らない情報を仄めかすことにより、ターゲットが狙われていることを暗に、もしくは明確に自覚させます。

例えばターゲットが、自宅のテレビの後ろにへそくりを隠している場合、会議中などに誰かが「テレビの後ろにへそくりを隠しているとバレやすいですよ」などと冗談を言ってみんなが笑います。
ターゲットは背筋が凍ります。

テレビなどのメディアも、仄めかしによく使われます。

ターゲットがお菓子を食べながらテレビを見ていると、不意にアナウンサーやタレントが、そのお菓子の名前に近い言葉を言ったりします。
ターゲットは偶然だろうと思いますが、それが別の行動でも何度も続くと、自分は見えない監視カメラで監視されていると主張するようになります。

この仕組みは、実際に被害者を見ていなくても可能です。
被害者が買ったお菓子のデータを店から自動で受信して、普段の被害者の行動パターンから、そのお菓子を食べるであろう時間を予測し、その時間にテレビで出演者にそのお菓子のことを言わせたり、直接そのお菓子のCMを流したりすればよいのです。
またその時間に被害者がお菓子を食べるようにコントロールします。
しかしこれは実際に監視されるよりも恐ろしいことです。

カルトナンバーという車のナンバープレートを使った仄めかしが横行しているようです。
これは被害者にしか分らない暗証番号や誕生日などの羅列を使ったり、ゾロ目、シンメトリーなど不自然な数字の並びのナンバーを見せて、その遭遇の異常性をターゲットに仄めかすものです。

仄めかしは種明かしとして使われることも多く、被害者は被害状況に近い仄めかしを繰り返されることにより被害者であることを自覚します。

先に仄めかしておいて、後でその事象を起こすという超常現象のような仄めかしを体験している被害者も多数存在します。
この手のことが被害者のブログに数多く書かれています。

仄めかしは言葉だけでなく、映像や音、感覚などによっても行われます。記憶を利用して時間差を作り出す仄めかしもあるようです。

仄めかしは被害者を直接脅すだけでなく、潜在意識に記憶させることによって、被害者をコントロールすることも可能です。こちらは暗示と呼ばれることが多いようです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック