コリジョンキャンペーンとは何か

コリジョンキャンペーンは、ノイズキャンペーンと並ぶガスライティングの代表的なテクニックです。

コリジョンキャンペーンは物理的にターゲットの行動を阻害し、ターゲットの動きをコントロールすることもできる嫌がらせです。

コリジョンは英語で衝突や対立を意味します。

主に人や車によって行われますが、動かない物と衝突させることもあります。

いろいろなパターンがありますが、単純に目の前に立ちふさがったり、邪魔なところに立っていたり、並んで歩いて進路を妨害したり、無理に追い越したり、やたらとぶつかってきたり、目の前に割り込んできたり、後ろをぴったりと付けてきたり、速いテンポのハイヒールの音などで後ろを付けて急かせたり、足音を合わせてくるノイズキャンペーンが行われることもあります。

電車の中では、ぴったりとくっついて来たり、触られると気持ちの悪い脇腹などの部分を肘で押し続けたり、膝同士を押し付け続けたり、目の前で咳を続けたりして座っていられないようにされます。
満員電車は伏魔殿であり嫌がらせの宝庫です。
電車そのものが拷問道具のように設計されています。

車の場合、ノイズキャンペーンや、ヘッドライトのハイビーム攻撃など、ブライティングのテクニックが合わさることも多いでしょう。
ターゲットが強気の人間の場合は、車でぶつけてくる場合もあるようです。

こういった衝突や進路妨害を繰り返されることにより、不快感が蓄積し、効果が増大してゆきます。
また恐怖感により、心理的に出歩くことが億劫になるため、引きこもりを簡単に作り出します。

ストリートシアター型のコリジョンも行われています。
例えば、ターゲットがスーパーでレジに並ぼうとした途端に、レジが長蛇の列になったり、不自然な時間帯にターゲットが乗った車両だけ、学生などで急に満員電車になったり、ターゲットが車で通る道だけ工事渋滞や、何も原因がない渋滞になったりします。

コリジョンは社会的にも作られます。
最近の例では双方向自動改札などがあります。
ターゲットが双方向自動改札しか通れない状況を作り、通る瞬間に対向側からターゲットの進路を防ぎます。
また、通路などを衝突しやすいように設計します。
最近の駅のトイレに入るときの通路が狭すぎるのも、集団ストーカーの設計なのかもしれません。

科学の進歩により、便利になっていく一方のように思えますが、集団ストーカーはその中に、汎用性や落ち度と称して罠を混ぜ込んでいきます。
誰もが使いにくい、この部分さえ直ればと思うような不完全な新商品が発売される仕組みには、集団ストーカーが絡んでいると思われます。

車のマナーも社会的におかしくなってきています。
まるで歩行者を邪魔者扱いです。
集団ストーカー現象は個人のみでなく、社会全体を蝕んでいます。
また社会がおかしくなることで、集団ストーカーの行為も目立たなくなります。

一般の人は、最近おかしい人が増えたという認識があるので、被害者の話を聞いても、普通にある話だと思ってしまいます。
本来社会人は、衝突を少なくするように努力するものです。
社会科学、社会倫理、医学などは発展してゆく一方なので、おかしい人が増えるはずはないのです。
人々の努力に逆行しています。

被害者のブログでは、実際にぶつかってくることは少なく、威圧的な態度や威嚇のような動きをしてくると書いてあります。
一般人は、できるだけ威圧的にならないように注意して振る舞いますが、集団ストーカーはむしろ威圧的な恰好や態度を好み、威嚇することにも抵抗はないようです。
また、逆に弱そうな子供やお年寄りを工作員として使い、被害者が反撃できない状態を作り出すことも常套手段のようです。
敵は被害者のモラルを攻撃してきます。
モラル攻撃は被害者の良心や罪悪感を利用するなど、善悪絡めて行われます。

コリジョンキャンペーンも毎日のように繰り返され、同じところで同じ人とすれ違ったり、同じ交差点で車が目の前や、すぐ横をかすめていったりします。交差点は衝突の代名詞です。

コリジョンキャンペーンは嫌がらせのみでなく、ターゲットの移動を心理的に妨害したり、目的の場所に誘導する意図を含むことがあります。
これでターゲットの動きを心理的、物理的にコントロールします。

心理的、身体的な自由の制限もコリジョンキャンペーンと言えるでしょう。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック