アンカリングとは何か

アンカリングは、ガスライティングの必須テクニックです。
アンカリングがなければ、全てのテクニックはただの嫌がらせと同じです。

ガスライティング犯罪で、被害者を精神病に見せかけるためには、アンカリングすることが必要です。
集団ストーカー犯罪や、ガスライティング犯罪のほとんどは、アンカリングを使った犯罪です。

アンカリングとは、簡単に言えば条件反射の条件付けのことで、パブロフの犬の原理を利用して、ターゲットに、特定の印象や記憶、トラウマを与え、その記憶やトラウマを利用してターゲットをコントロールする技術です。

トラウマは、ターゲットを執拗に攻撃することによっても作られます。
その条件付けを利用して、すべての現象を嫌がらせに変えることができます。

アンカリングすることにより、ガスライティング犯罪の中で、ノイズキャンペーン、ブライティング、仄めかしなどの嫌がらせに効果を持たせ、効果を増幅させます。

アンカリングこそが、集団ストーカー犯罪のすべての嫌がらせの出発点となります。

例えば、被害者が食べるリンゴの一部を固くしておき異物感を感じさせます。
それを繰り返すことにより、被害者は徐々にリンゴを食べなくなります。
終いには、リンゴそのものに恐怖を感じるようになります。
アンカリングは、味や匂いを微妙に変えることによっても行われます。

さらに外に出ると、リンゴの模様が描かれたカバンを持った人が、目の前を横切ります。
アンカリングされているターゲットは、リンゴに恐怖感があるので、これを不審に感じて苛立ちます。
行く先々で、見るポスターにリンゴが書かれていたり、不自然にリンゴの話題が出たりして、ターゲットは追い詰められていきます。

また、被害者があくびをする度に、どこかで車のクラクションなどの刺激音を鳴らして驚かせます。
そうすることにより、被害者はあくびをする度にどこかで大きな音がなるのではないかという恐怖に囚われるようになり、あくびを途中で中断する癖が付くことになります。
この癖をそれとなく揶揄したり、通行人がすれ違いざまに真似したりしてターゲットを挑発します。
また車のクラクションの方にも恐怖を感じるようになり、それもアンカリングとなります。
車のクラクションはもともと警告音なので、不快音の一種です。

声、音、光、物、静電気、人の態度、表情、雰囲気、ありとあらゆるものを使ってアンカリングします。

このように、何かの印象を植え付けたり、何かを記憶させたり、直接精神的、肉体的にダメージを与えたりして条件付けします。
後はその植え付けた記憶を使い、そのトラウマをえぐるように嫌がらせを繰り返します。

このテクニックにより、嫌がらせとは思えないことも嫌がらせに変えることが可能です。
そしてガスライティング効果を発揮します。
つまり、何の攻撃性もないリンゴを恐れている被害者の方がおかしいという認識を、作り出すことができるのです。
これで、統合失調症のように見える被害者を作り出します。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック