ガスライティングとは何か

ガスライティングは、イギリスやアメリカの舞台劇や映画「ガスライト」がその名の由来となっています。
映画の種類がいくつかあるようで、それぞれ少しずつストーリーが違うようですが、主にガス灯の明かりが暗くなることに気付いた主人公が、それらを理由に自分の夫に気のせいだと追い詰められ、自身の感覚を疑い喪失するというストーリーのようです。
夫の策略によって、妻が精神病に仕立て上げられるという映画です。

ガスライティングは、ターゲットを精神病になったように見せかけるテクニックです。
周囲の人だけでなく、被害者本人までが信じてしまうケースもあります。

精神病は医者も判断することが困難なので、その症状を言葉にしただけで診断書を書くことが普通です。
つまり誰でも統合失調症に仕立て上げることができます。
もし精神病に仕立て上げられてしまった場合、大幅に自由が制限されるものと思われます。

集団ストーカーという言葉を、誰が使い始めたのか分かりませんが、その語感から統合失調症にミスリードしようとする意味合いが感じられます。
この犯罪は、どちらかというとガスライティングと言った方が、犯罪の現状のイメージに合っているように思いますし、その方が統合失調症とは違うことを理解しやすくなるはずです。
ただ被害者の中には、多数の人々に監視されていると感じている人も多いので、集団ストーカーと言った方がしっくりくるのでしょう。

ガスライティングは、大抵アンカリングという条件反射の条件付けを利用して行われます。
アンカリングが行われることにより、被害者にしか被害の状況が分からないようになり、誰にも気づかれずに被害者のみを攻撃することが可能になります。
また、どのような普通の行為も、被害者にとって嫌がらせになるようにすることができます。

ガスライティングは社会の常識を利用して、その効果を得ています。
ガスライティングは社会の常識を設定することから始まります。

社会の常識を信じきっている人には、ガスライティングという事実が信じられなくなります。
そして、社会がおかしいのではなく、被害者の方がおかしいのだと思い込みます。
それがガスライティングの効果です。
社会がどれだけおかしくても、被害者が明らかに被害を受けていても、それが精神病の症状にしか見えないようになり、すべてを精神病の症状と結びつけて考えるようになります。
健常者と統合失調症患者の症状の逆転が起きています。
普通の人々の方が、常識という洗脳により、現実を正確に認知できないようになっています。

ガスライティングはそれ自体が嫌がらせであるだけでなく、社会がその嫌がらせを認識しないようにされるために、被害者は精神病とのレッテルを貼られ、2重に苦しむことになります。
ガスライティングを見破るには、まず社会の常識を疑い、世の中のおかしな部分に気付く必要があります。

ガスライティングの代表的なテクニックが次のものです。

ノイズキャンペーン
コリジョンキャンペーン
ストリートシアター
マインドゲーム
ブライティング
仄めかし

これらが現在よく使われるガスライティングや嫌がらせのテクニックです。
ガスライティングの効果を狙わずに、単なる嫌がらせとして実行されることも多いようです。
いずれも世間に認知されていませんので、結果的にはガスライティング効果があります。

普通の人でもできるテクニックとしてノイズキャンペーン、コリジョンキャンペーン、ストリートシアター、マインドゲーム、ブライティング、仄めかし、などがあります。仄めかしはやや難しいでしょう。

普通の人ができないテクニックとしては思考盗聴送信、電磁波犯罪などがあります。
これらのテクニックは一部であり、まだ知られていないテクニックがたくさんあると思われます。

これらのテクニックを使って加害者は、被害者を精神病に仕立て上げ、さらに精神病であることを誹謗中傷したり、ストーカーなど存在しないと主張したりして、2重3重に被害者を苦しめ追い詰めていきます。

ガスライティングは個人でもできますが、基本的に多数の工作員を必要とします。

現実の被害の場合は、いったい誰が何のために実行しているのか分かっていません。
誰も得することがないと思われる犯罪です。
なので、社会的、損得勘定、効率的、経済的には、集団ストーカーは存在しないと言えるわけです。

しかし、ガスライティングという嫌がらせはそういうものなのです。
一般の人には全く理解できない状況を作り出すという犯罪です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック