集団ストーカーとは何か

集団ストーカーとは、社会全体、世界全体によって隠されている特殊な嫌がらせです。
日本で被害を訴えている人だけでも数千人、実際にはおそらく数万人から数十万人、世界全体でおそらく数百万人を大きく超える被害者が存在します。

インターネットが一般的になってきた頃に、インターネットによってこの現象を告発した被害者の被害内容が、集団に監視されているような状況が多かったために、犯人を集団ストーカーと呼んだことが、集団ストーカーと言う名の始まりと思われます。
その後、次々と集団ストーカーの被害を受けているという人々が声を上げ始めました。
初期の告発者の現象と一致する人々が多数存在することが明らかになり、人々はこの得体の知れない犯罪を集団ストーカーと呼ぶことにしました。

実際の被害状況は、集団でストーキングされている要素はありますが、明らかなストーカーが存在しているわけではありません。
それらの犯罪は、すべて偶然を装うガスライティングという技法が使われていることが知られています。

アメリカではギャングストーカーと呼ばれており、日本よりも早くからこの犯罪について周知活動が行われています。

それまでは精神病の症状の一種であると思われていたそれらの現象が、インターネットの時代になって被害者たちが情報を擦り合わせることが出来るようになったことで、それは精神病ではなく、何者かが仕掛けている犯罪行為であることが明らかとなりました。

集団ストーカーという言葉には、複数の意味があります。

1つは、集団で一人のターゲットを付け狙う行為やその犯人という意味。
これは稀にターゲットが複数の場合もあります。
これは実際に、桶川女子大生ストーカー殺人事件など、ニュースなどでも報道されている普通の犯罪です。

もう1つは、ガスライティングやその犯人という意味。
オリンパス事件での告発者に対するコインテルプロと呼ばれる精神病のでっち上げが有名ですが、実際のガスライティングはもっと激しく意味が分からないものが多いようです。

さらにもう1つは、テクノロジー犯罪やその実行犯という意味です。
テクノロジー犯罪は実際に存在しますが、その仕組みは一切分かっていません。
電磁波犯罪などと呼ばれていますが、実際に電磁波が使われているかどうかは分かっていません。

それぞれの被害者が、多数存在します。

ガスライティングとは、ターゲットを精神病患者に仕立て上げるというテクニックで、集団ストーカーが最も得意とする嫌がらせです。
このテクニックの存在が、集団ストーカーというものの理解を困難にしています。
集団ストーカーが何者であるかはまだ分かっていませんが、その現象は間違いなく存在しています。
被害者は明確に、様々なテクニックによってガスライティングされていると主張しています。

集団ストーカー現象はすべての嫌がらせに及びます。
状況は被害者一人一人少しずつ違います。

被害者が何か行動しようと思ったタイミングに合わせて咳払いなどをして、本能的な制限や怒りを与える嫌がらせ、アンカリング。
耳障りな騒音や、挑発的な音を浴びせ、集中力を奪い怒りを与えるノイズキャンペーン。
被害者が進もうと思ったところに割り込むなど、威嚇的な動きでぶつかろうとして、行動を制御したり制限し、苛立ちを与え、場合によっては直接身体的ダメージを与えるコリジョンキャンペーン。
被害者とすれ違う瞬間に「わずかにいやらしいと感じる」ような笑みを浮かべたり、被害者しか知らないようなことをつぶやく仄めかし。

このようにほとんどの場合、集団ストーカーは、集団でもストーカーでもなく、近所の住民だったり、通りすがりの一般人を装います。
しかも地味な犯行です。
例え地味な犯行だったとしても、何度も無限に繰り返されることにより、精神の消耗が激しくなり、徐々に耐えられなくなっていきます。

こうして集団ストーカーは、周囲の人々の目から見て被害者を「なんでもないことを気にしているおかしな人」という印象に仕立て上げます。

これに対して集団ストーカーの存在否定派は、
統合失調症の患者が、インターネットなどで集団ストーカーの情報を知り、自分の症状と被害状況が一致していることから「集団ストーカーに狙われていると思い込んでる被害妄想」であると結論付けています。

一般社会の答えも、集団ストーカーは存在せずに、自称被害者の被害妄想であるとしています。
そのためマスコミなどでは、この話題は扱われません。
精神病患者の侮辱につながる危険があるからです。

被害者のブログでは、この状況に反論しています。
ほとんどの被害者が、精神病の症状ではないことをはっきりと自覚しています。

そもそも、統合失調症に見せかける犯罪がガスライティングなのですから、ガスライティングを受けている被害者を統合失調症だと判断するのは、かなりおかしな話の流れです。

集団ストーカーの犯人像は、被害者によって異なるために、まだよく分かっていません。
被害者の多くが特定の宗教団体が犯人であると主張していますが、はっきりとした理由は分かっていません。

集団ストーカー現象は間違いなく存在し、精神病や気のせいや勘違いや思い込みなどではありません。
通常ではどう考えてもあり得ない頻度でそれらの被害は起こります。また、奇妙な人々がまわりに現れやすくなります。それは証拠の動画を撮影することが可能で、実際にインターネットで見ることが出来ます。
集団ストーカー現象は、その被害を受けた人間にしか信じることが出来ない奇妙な犯罪です。
集団ストーカーの被害を受ければ、世の中のおかしなニュースなどの理由が理解できるようになります。
世界の奇妙なかたちこそが集団ストーカーの証明になっています。

集団ストーカーの存在に気付くよりも前に、世の中のあまりのおかしさに気付くべきでしょう。
そうすれば、集団ストーカーが当たり前のように存在していることも理解できます。
それでも敵が強すぎるため、この問題を解決することは現状では不可能です。

被害者たちの必死の周知活動が、幼稚な精神病のレッテル張りにより、火消しされています。
精神病はあり得ません。被害者の人々はすべて科学的に確率を検証しています。
すべてのバイアスの流れを理解しているため、被害者は精神病とは全く違うことを知っています。
そのための説明を懸命に続けています。
精神病に見せかける嫌がらせですが、この嫌がらせにはテクノロジーによる強制性と社会の強迫性があるために、現状では周知すら難しい状況です。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック