常識という名の洗脳

本来、常識という言葉は知っていて当然の知識、知っているべき知識という意味で使われます。
ところがこの常識の誰でも知っているというマジョリティー性と知っているべきという強制性が、悪意のある常識の場合は危険をはらむことになります。
知っているべきという強制性がある時点で、洗脳に近い要素があります。

言葉は他人に意味を伝えるものですが、複層の意味を含んでいるものがほとんどで余分な洗脳が入ってしまいます。
またそのように使われています。
他人との意思を共有するシステムが言語なので、言語そのものが洗脳システムとも言えます。
言語にその意味とずれた意思が加わった時点で洗脳が始まります。

すべての言葉は使う人と使われる人などによって意味が変わることがあり、そのニュアンスのずれを利用して結論を全く変えてしまうということも可能なようです。

そういった言葉の複層性や曖昧さを利用して、残念ながら常識という知識にさえ深層の意味が隠されているようです。

どうやら言語というものは、本来とは違う深層の意味を含ませることにより人々の思考をコントロールすることができるようです。
深層の意味はどこかで紛れ込みイメージとして脳の片隅に焼き付けられています。

世の中には常識という名の洗脳があります。
モラルを利用することにより、常識に反することは嫌悪するように洗脳されています。
さらに常識という言葉のイメージも洗脳されています。
常識について、人によって変わる得体の知れないものというイメージを持っている人も多いでしょう。
それは本来の意味と違います。
それも洗脳です。

常識という言葉には複数の意味があります。

主に守らなければならないモラルという意味と、社会人の行動規範としての基礎知識という意味、平均的で平凡な普通の考え方という意味。
常識を打ち破れとか常識に囚われてはいけないというのは3番目の意味に対して使うものであって、1番目や2番目の意味で使うと大変なことになります。
全く違う意味を1つの言葉に込めると、こういった弊害があります。
こんな馬鹿馬鹿しい言葉遊びが繰り返されています。

常識は時と場所により変わることがあるという常識。
これも言葉の曖昧さが原因です。

この言葉の意味の曖昧さを利用して、常識を常識として成り立たなくしようとする人々がいます。
個人的な常識を他人に押し付けて、常識と非常識とをごっちゃにしようとする人々が後を絶ちません。
それが常識に頼れない世の中を作り出します。
社会の破壊行動の一環です。
ローカルルールは、社会全体では大変迷惑なものになることがあります。

常識は常識とは限らない、しかしそれでも人々は常識から逃れることが出来ません。
それは常識にはモラルという意味もあるからです。
どの意味の常識なのか、しっかりと選別して守るか守らないか決めなければなりません。

よく「私は常識には縛られません」と自慢気に言っている人がいますが、普通の人がなかなか常識を破れないのは常識にモラルという意味が含まれているため、それが洗脳となり常識を破りにくくしています。
実際普通にしていないと叩く人がいるのも事実ですが、不思議なことに特定の人は普通にしていなくても叩かれません。
そういった人が「私は常識には縛られません」と自慢気に言います。
何か世の中に仕組みがあるのでしょう。

さて、常識にはもう一つの作用があります。
社会的常識はその権威性から絶対的真実という洗脳を生み出します。
ここから理解が難しくなります。
おそらく先程言った嫌悪感を感じ、そこから先に進みにくいという洗脳を感じ取ることができるでしょう。

常識はオカルトを否定しています。
オカルトという言葉自体に嫌悪感や嘘という意味を感じる人がほとんどでしょう。
これが常識の怖いところです。

もし、オカルトの中に真実の情報を隠された場合、人々は真実にたどり着けない状況になります。
オカルトという言葉に対する嫌悪感、その原因はずっと情報の中へ含まれ続けていたオカルトへの侮蔑があります。
オカルトの中に巧妙に真実をも否定するように仕向けられた情報が隠されていました。
逆に言えば、集団ストーカーは巧妙にオカルトを利用しています。

常識は敵性の情報に接したとき、盲目的狂信を生むことがあります。
それだけの力を秘めています。
常識の中に危険な洗脳が入っているのでしょう。

ややこしいのは、オカルト自体はほとんど嘘だということです。
集団ストーカーはこのオカルトのような状況を意図的に作り出すことにより、多方向に複雑な洗脳を行います。

もしオカルトの中に真実が隠されてしまった場合、真実を知るためには常識が邪魔になってしまいます。
集団ストーカーについて考えるには、この本能的な嫌悪感に逆らって真実を追求していかなければなりません。
冷静に少しずつ、理性的に理論的に理解していかなければなりません。

集団ストーカーの話は地味なオカルトのようです。
派手ではなく地味なのです。
すべて現実に起きてもさほどおかしくないことばかりです。
地味ということが、世の中の表面に出てこないようにするために必要なのです。
どうやら嫌がらせというものは、派手なものよりも地味なもののほうが、効果が高いのかもしれません。

常識という言葉に囚われない強い心が必要になります。
これを克服するのは困難ですが、情報を紐解いていけば真実に近づくことが可能となります。

この記事へのコメント

  • NOAH

    MAGIC ULTRA様      保存版

    暗黒 テクノロジー犯罪ご安心下さい
    全河系「コンピューター」 佐沼高等学校
    書きこみ参加下さい10~20と少ないです

    もしかしたら文化人
    一般向けとは言ってもMAGIC ULTRAと言う先生は電磁波盗聴された被害者かどうか分かりませんが事実上いちばんで世界マンディーノさんと並ぶ凄い作家
     (ほか石ノ森氏 大友氏 大川氏 池田氏)




         西暦最後、宗教戦争
                  
    MAGIC ULTRA様の言う 
      「 操 作 (computer神様?) 」

    並行宇宙      携 挙 天 使
            
            VS

    同列サタン悪魔
    1神 エホバ創造主     キリスト
    (アル・ヤハウェイ)   (神 唯一の子) 
    2創価学会 オーランブルーム   
    3サイエントロジー トムクルーズ   新興宗教
                 
            三次元  
            携 挙 中     
                       


    神はサタンだと聞いた
    まじ創造主はサタンつまり悪魔だった
    別に調べたのではない😇

    この謎解きが出来たのは私はいい子だったと言うか挫折を知らずにトントン一年一年を過ごしていた

    すべて順調だったのに19歳の深夜ひとり歩道橋で悩んでは帰りやっと眠りこけては家族をつかまえて「聞いて聞いてやっと答がわかったの」 自分の敵は自分


    親戚の娘が3歳でピアノを弾きだし創価で仏壇を買ったと耳にしピアノは凄いが仏壇購入て何だろうと思った
    教育実習でやはり3歳のセレブキッツがお絵描き教室へ行くのを見てこれをやんなきゃ!と思っていた
    (現在、朝鮮在日の学習院入学や私立入学やで羨ましいけど貧富の差を「貧」とするは日本人さんばかりて真実を叫ぶ)

    代議士秘書の「創価学会 公明党」を宗教ネ政治ネと聞き流し何らかの衝撃や関心事はあったのだからプラカードをすぐに持てばよかった


    次に立正校正会の信者(故人)さん伝導で貴方という人間を親が産んでくれたのだから神様は両親であってまた親が神様

    この立正校正会さんが素晴らしかった
    先祖の大切さを教えてくれて何となく感動しているとこの世は地獄とも言った
    トントン手拍子の抜けきらない私はまぁ地獄でも私は天国だからまあいいか
    なんでか一言少ないこともあれば一言多い時もあるん
    「そして何気に聞いたのだ」宗教ブームもあって結局そっちこっち宗教てたくさんあるけど宗教て一体なんなのでしょう

    A 全ての大元はキリスト教

    毎日💣➰🎆 隅田川の花火大会
    叡智50人300年かけても分からない事は考えても無駄ですと本で読んでいたのでこれは流石に覚醒した

    それからは簡単でした
    エホバの証人がキリストの父というので
    宇宙でき上がりです
    東芝社員告発と精神病棟入院インターネットでは2009年創価学会が思考盗聴しているYouTubeでは生々しい実況たくさんの2ch書きこみNPO被害者団体から垂れ幕の抗議たくさんのブログから工作員チップ出たをテクノロジー犯罪というので
    音声送信を解読ください
    1999年私はノストラダムスを=V2Kハルマゲドンとなったので騒いでいます

    なんだこの程度とまだ号泣しない皆さん
    金・銀・土河系 佐高認定
    地球46億年 人口70億人 Get Lost Satan
    MAGIC ULTRAさんこれからGOD図式化に一緒に樽酒を開けましょう

    思考盗聴器てテクノロジー犯罪は自殺強要で廃人となり孤立して諦め噴火して諦め「精神疾患は繰り返す」とまた噴火して、たぶん24年間くらい警察署が登場してはお薬になっています
    では、なぜ私達では駄目なのでしょう
    それについて警察官に創価信者がいると世界(地球)自体がサタンで創価とエホバ創造主と同列で一緒に遊んでいる

    遊んでいる?

    衛生技術を使った電波犯罪なので神がいる証明にもなるのです
    (本当は中東宗教戦争を止められる)

    身体(体)から神だ天使だと声がして会話でき要はゾーンが一緒つまり統失なんてよく言われ進展しませんが「神様と繋がり難い病気」それは盗聴が電磁波攻撃て電波犯罪なのだからです

    あ~なんかいちばん肝心を外したかも

    もうひとつ
    創造主 宇宙が悪魔サタンなら絶望的で絶望的()
    でも操作なのです
    最初は摂理なんていう感じでした
    操作こそ宇宙科学の応えなのです
    つまり、もう人間から神様(天使様)を選んでいこう
    そして天ペンは大神様なのか超大神様なのかそれは操作といいます
    ①操作
     人間神様(従う)
    ②操作
     人間神様(操作神様?)

          
            かろうじて80~100点






         西暦最後、宗教戦争
                  
    MAGIC ULTRA様の言う 
      「 操 作 (computer神様?) 」

    並行宇宙    携 挙 天 使

            VS

    同列サタン悪魔
    1神 エホバ創造主     キリスト
    (アル・ヤハウェイ)   (神 唯一の子) 
    2創価学会 オーランブルーム   
    3サイエントロジー トムクルーズ   新興宗教
                 
            三次元  
            携 挙 中     
                    



    see you うさぎ会
    2020年03月17日 22:41

この記事へのトラックバック