サブリミナルにより進行する集団ストーカー現象

人間に限らず、動物は感覚器官から得た情報を、脳にある記憶と照合することによって自動で処理する生き物です。

人間の場合は、更に自動的及び意識的に記憶の再照合を行うことによって、より記憶が深化します。その際に記憶が事実とずれて偽物になってしまうことがよくありますが、それによって想像力も深化します。
ここまでは普通の人間の認識です。

この人間の記憶や意識が形取っているものや、それによる反応が人格であるわけですが、このそれぞれの部分に攻撃を加えられる現象が集団ストーカーです。
またテクノロジー攻撃の場合は、感覚に直接攻撃を加えられます。

つまり、集団ストーカー現象とは単に人間同士の争いではないということです。

いずれも潜在的な攻撃ですから、表面上では分かりにくい状態です。

最終的に人間同士の争いである可能性は高いのですが、実際に起きていることはそれ以前の直接攻撃がほとんどです。それにより、人間同士の争いにまで発展します。
その場合、被害者の側から攻撃を誘発しに行っているように見えるように操作されています。


集団ストーカーは、単なる人間同士の争いを超えた攻撃がほとんどです。
その詳細を説明するとなると、かなり細かく難しい話になります。

その攻撃方法は被害者全員が同じではなく、一人ずつ細かく違います。それもこの現象が統合失調症ではない証明のひとつです。

集団ストーカーの攻撃方法はあらゆる種類に及びますが、大きく分けて感覚操作による直接攻撃(テクノロジー犯罪)と、情報などによる仄めかし攻撃(ガスライティング犯罪)に分けられます。

これは被害者だけではなく、すべての人々がその攻撃を潜在的に受けています。

例えば集団ストーカーを信じないという感情や判断はどこから来るのか、ということを考えてみると、それは集団ストーカーによる潜在的な攻撃を受けているから、という答えになります。
それを信じない心理も集団ストーカーによる操作であると言えます。

情報の刷り込みは先天的なものもありますし、すべての情報にその効果は仕掛けられています。

サブリミナル情報によって潜在的に進行する攻撃は、刷り込み、洗脳、情報による操作、行動・状態による操作、直接攻撃、アンカリング、ほのめかし、などの広範囲に及びます。


集団ストーカーの被害者の中で、何を言っているのかよく分からない被害者や、常識からかけ離れているように見える行動を取っている被害者を理解するためには、その被害者にのみ与えられているサブリミナル情報があるのだということを考えなければ理解できません。

我々が被害者の状況をある程度理解できるのは、その個人に与えられているサブリミナル情報や特殊な攻撃による影響を、ある程度予測することができるからです。

サブリミナルというのは、本人にとって潜在意識に働きかける情報というだけでなく、他人から見ると表面的には見えなくなる効果がある情報もあります。

ここまで説明しても尚、これらの現象が統合失調症によるものだと信じたいのならば、それはそれで不自然であることに気を付けなければなりません。
我々は、一般の人も同じようにサブリミナル情報によって操作されていることを知っていますから、それがやむを得ないことであることを知っています。


集団ストーカーとは、このように情報の大半が巧妙に水面下に隠されています。
しかも、世界は正常であるという建前で話さなければならない強迫観念が流布されていますから、世界の政治のおかしさも指摘することはできません。

世界の政治は理性的な大人が担っているはずがないことは、誰でも分かりますし、その理由は誰も知らないでしょう。
根本的な部分が、世界から抜け落ちています。

根本的な情報が欠落している理由、情報の刷新が小出しにされる理由。微小な差異から差別化を生み出し、人心を操作する技術。

世界そのものが操作されている兆候は、至る所に垣間見えます。

集団ストーカー現象とは、一部の人が被害を受けるもの、ではなく、世界のすべてが何らかの力によって操作される現象、なのかもしれません。


サブリミナルに気付くためには、まず置かれた状況を現実だと認識して無理に受け入れるのではなく、その不自然さに気付いて、自分がその不自然さによってどのような影響を受けているか知ることです。


サブリミナルを読むコツは、その内容を分析するだけでなく、全体的な流れを見ることです。

この記事へのコメント

  • バルバル

    アナタの脳みそに生えているおちんちんを
    こすられないようにしましょう!
    2018年02月27日 20:13