微細な視界の操作

テクノロジー犯罪というものは、一度はっきりとそういうものがあることを示した後は、徐々に弱くなって現実でも起こり得るような操作へと変わることがあります。 これは認識を曖昧にするために行っているもので、嫌がらせとして成立させるために必要な流れになります。 操作は状況的にそれが操作であると気付かされる時があり、最終的にそれは極めて微細な操作となることがあります。 微細な操作は通常の現…

続きを読む

情報が混乱する仕組み

集団ストーカーというものがどういったものなのか、世界中で様々なことが言われているために、どれが本当の話なのかさっぱり分からないという人も多いでしょう。 実際には、集団ストーカーという組織が存在するかどうかは、はっきりとは分かっていないのです。 どのような仕組みかは分かりませんが、確かに集団ストーカーのような動きをする人々や、集団ストーカーのような言動をする人々がいることは確かですが、それ…

続きを読む

認識の二重性

集団ストーカーというものは、人為的なものとは少し違うものです。 しかしその解決を目指すためには人為的な力しか考えられません。 まずその二重性に注意しなければなりませんが、もう一つは認識の二重性です。 集団ストーカーという事象そのものが、人がその犯罪をとぼけるという現象です。 つまり一般人の認識が、延々と我々の認識とは一致しないものです。 さらに被害者同士の認識さえも食い違い続け…

続きを読む