シミュレーテッドリアリティとニーチェ

シミュレーテッドリアリティの記事を書いた次の日、たまたま読んでいた本に、ニーチェが晩年に書いたといわれる意味不明な一文が紹介されているのを見ました。 >生成に存在の性格を刻印すること、これが力への意志の極致である。 >二重の偽造、これは存在するもの、停滞するもの、等価のものなどの世界を保存するために、感覚器官と精神からなされる、それは考察の絶頂である。 >…

続きを読む