選択の欠如

世の中には様々な選択肢があるかのように見えていますが、すべての選択肢は集団ストーカーによって塞がれたり、嫌がらせによる心理的な制限、嫌がらせによる直接の妨害などで、結局進める道は何処にもありません。 右に行こうとすれば右を塞がれ、左を向けば左を叩かれ、上を向けば雨を降らされ、下を向けば笑われる。 後ろからは熱風が迫り、前には針の道。それでも進めば吹雪に晒される。 それは集団ストーカ…

続きを読む

認知バイアス

認知バイアスとは、簡単に言えば、先入観などの思い込み、願望などによって事実を捻じ曲げて自分に都合が良いように解釈しようとする心理現象のことです。 まさに集団ストーカーなど存在しないと主張する人々が、この特徴すべてに当てはまります。 世の中の人々は不自然なほどに認知システムに問題を抱えていると言えます。 一見すると集団ストーカーの問題は、被害者の誤認によるものと思いがちですが、それこ…

続きを読む

ガスライティングの被害者

集団ストーカーには、テクノロジー犯罪の被害者と、テクノロジー犯罪ではない被害者がいます。 それらはガスライティングの被害者になりますが、ガスライティングの被害者には、ガスライティングの被害者と、ガスライティングではない集団ストーカー被害者がいます。 一般の人には、何が何だか分からないでしょう。 思考停止に陥り、それは精神病だと判断してしまいたくなるはずです。 集団ストーカーは…

続きを読む

テクノロジー犯罪の被害者

集団ストーカーの被害者の中で、取り分け異質な存在がテクノロジー犯罪の被害者です。 異質とは言っても、集団ストーカーの被害者の中では多数派であり、ほとんどの被害者がテクノロジー犯罪の被害を体験しています。 なぜテクノロジー犯罪とガスライティング犯罪の2種類の攻撃に分れるのか、単純にミスリードするためだけではないようです。 人間が敵になるのがガスライティング攻撃であり、得体の知れな…

続きを読む

集団ストーカーによる社会操作

集団ストーカーのコントロールにはレベルがあります。 このレベルの違いをはっきりさせなければ、認識がすれ違い、混乱することになります。 意図的に、言葉の意味をずらして話し、混乱させるミスリードも盛んに行われています。 個人の思考を直接コントロールする思考操作。 個人の思考を情報によって操る情報操作。 個人の身体を直接操る感覚操作、思考操作。 個人の身体を間接的に操る情報操作、周囲の…

続きを読む