無知の構図

集団ストーカーの周知に関係することですが、人々の無知がどのような仕組みであるか理解することは必要です。 無知の最大の原因は若さです。 これはどうすることもできません。 圧倒的に経験、思考の時間が他人よりも短いわけですから、すべてが少なく、正しい理解をするのは困難になります。 問題なのは、若くても経験則は活きるという洗脳です。 経験則というのはその人個人のものでしかありませんから…

続きを読む

政治の俯瞰

当たり前すぎて、説明するのもおかしな話ですが、世の中のほとんどの人が、政治家の真実について知らない様子です。 これは決定的におかしな話です。 政治に不審な点があれば、マスコミが政治家に聞いて、それを報道すべきです。 そうすれば分からないことはすぐになくなり、問題はすぐに解決します。 もちろん、嘘をついたり、真実を話さない政治家はその時点でアウトです。 ところが世の中は違…

続きを読む

意識の外の攻撃

集団ストーカーの攻撃には、対処が不可能なものが多く、それはターゲットの隙をわざとらしく狙って行われます。 例えば睡眠妨害などで、睡眠時間をずらすことによって肝心な時に眠ってしまうように仕向ける嫌がらせがあります。 他にも何か別のことに気を取られている隙に、現状を変更する嫌がらせがあります。 眠らなければならない時、監視カメラを仕掛けることが出来ないタイミングで、大事な仕事の書類の内…

続きを読む

色彩と脳の不思議

人間や脳、そして意識の正体を知る上で、重要な事柄があります。 それは色です。 ただ波長が違うだけの電波の可視光を、色の違いとして投影する脳の機能。 電波である可視光には、どう考えても色を作り出すような要素はなく、それは波の大きさの違いでしかありませんし、それが粒子だったとしても、その粒子の種類が変わるわけでもありません。 つまり、ただ波長が違うだけの電波を受信した網膜の信号か…

続きを読む

感情という言い訳

感情を過大に尊いものであるとする考え方があります。 これには洗脳的な要素が含まれています。 特に、反射的な怒りに対して、それを言い訳に使う論理がまかり通っています。 人間は怒りの感情をコントロールして生活しているのであり、それは幼児の段階でほぼ完成します。 よく、自分は怒りっぽい性格だという人がいますが、それはただの成長の遅れであり、言い訳です。 人間の性格は、ほぼ全員…

続きを読む

自由意志は存在するのか

永遠の命題として、未だに答えが出ないものに、人間に自由意志はあるのかという問題があります。 物理学、宇宙学の立場からは自由意志はあってはならないもの、すべてが因果の内に、物理的な化学反応の範疇で行われていなければなりません。 しかし、直感的に、もしくは宗教的には、人間には自由意志があるものと考えられてきました。 自由意志がないとすると、倫理や法律を、根本的に見直さなければなりません…

続きを読む

すべての情報はフェイクである

情報操作の技法として、根本的に情報を回さないという方法があります。 回しているように見えて、情報を回さない。 進んでいるように見えて、実際は何も変わっていない。 これは情報を伝えるマスコミによる高度な情報コントロールです。 マスコミが流している情報は、フェイクであって、真実ではありません。 しかし、真実にすることもできるし、真実の情報を伝えることもできる。 これは説明すること…

続きを読む