テクノロジーの認識レベル

テクノロジー犯罪は、その技術レベルの認識に差異があり、主にローテク、ハイテク、オーバーテクノロジーに分けることが出来ます。 ローテクは、主に人間の技術による犯行であるという考え方です。 トリックや洗脳、暗示などのテクニックを使い、テクノロジー犯罪に見せかけるというものです。 ハイテクは、現行の流布されている科学技術で、この現象を説明しようとするものです。 電磁波や超音波によって脳…

続きを読む

幻視と空目

集団ストーカーの被害に、幻視と空目があります。 幻視の被害者は少ないようですが、空目の被害者は多いようです。 幻視は明らかにそこに存在しないものが見える現象であり、空目はそこに存在するものが別のものに見える現象です。 例えばUFOなどは、明らかに気配がしないのにそれが見える幻視の場合と、航空機の灯火類の並びが不自然なために起こる空目の場合があります。本当になんらかのおかしな飛行物体…

続きを読む

集団ストーカー被害の誤解に対する説明

集団ストーカーに詳しい人でも、その被害の訴えを正確に認識できていないようです。 例えば、 咳をする人など何処にでもいる。 ヘリコプターは普通に飛んでいる。 ゾロ目ナンバーは普通に存在するし、それを気にしている方がおかしい。 音を出さないで生活することなどできない。 騒音のない世界なんて存在しない。 集団ストーカーの被害者は、日常に普通にあることを被害と思い込んでいる被害妄想…

続きを読む

先回り発言と確信発言

集団ストーカーの攻撃方法に、先回り発言と確信発言、及び、先回り行動と確信行動があります。 これは仄めかしの一種ですが、茶番劇の一部として使われることが多いようです。 集団ストーカーの仄めかしの場合、それは単なる仄めかしではなく、最終的には脅迫になります。 先回り発言とは、自分がまだ言っていない個人情報などを、相手が先走って発言する嫌がらせです。 自分しか知らない個人的な情報を…

続きを読む