共時性(シンクロニシティ)とは何か

集団ストーカーの種明かしの一つとして、共時性があります。 共時性は嫌がらせとして使われます。 偶然の一致が頻繁に起こる。あまりにもタイミングよく事態が展開する。これが共時性です。 共時性は偶然起こった事象を特別なものとして捉えがちな心理を表す言葉ですが、集団ストーカーはこの共時性を利用して嫌がらせを行います。 仕事や睡眠、集中が必要なタイミングなどに合わせて邪魔をされて嫌な思…

続きを読む

ダブルメッセージとは何か

ダブルミーニングと混同しやすいテクニックに、ダブルメッセージがあります。 ダブルメッセージは、ダブルバインドを行うテクニックの一つとしても使われます。 ダブルミーニングは一つの言葉を複数の意味に受け取れるようにして、その曖昧さを利用して人によって理解する内容を変えるというものですが、ダブルメッセージは、簡単に言うと、言っていることとやっていることが違うというテクニックです。 ダ…

続きを読む

ダブルバインドとは何か

ダブルバインドとは、簡単に言えば板挟みのことです。 嫌がらせの基本は板挟みであり、相手が避けることが出来ない状態にして攻撃することにより、確実に相手にダメージを与え、またその効果を増大させることが出来ます。 集団ストーカーの被害において基本となるテクニックであり、集団ストーカーの攻撃方法のほとんどがこのダブルバインドというテクニックを使っています。 ダブルバインドには、単純な板…

続きを読む

ダブルミーニングとは何か

一つの言葉に複数の意味を意図的に含ませるテクニックをダブルミーニングと言います。 この嫌がらせは基本的に、わざと曖昧なことを言ってターゲットを惑わし、ミスリードするテクニックです。 ほとんどの言葉に複数の意味が含まれますので、言語自体にダブルミーニング性があります。 このテクニックによって、勘違いを引き起こさせたり、意思の疎通を阻害することが出来ます。 また、人々を煙に巻いて、真…

続きを読む

強者の洗脳

絶対に負けることのない存在。 情報の隠蔽によって作り出される無知という土台。 もはや強者の思うがままの世の中が流れます。 世の中のすべての事象は強者の洗脳により動きます。 揺るがない資本主義、白人優位、終わらない戦争、殺人的な交通事情、非効率な労働システム、強者の論理のいじめの構図。 それは幻のようで現実です。 我々は、絶対に勝つことが出来ない集団ストーカーという敵に…

続きを読む

集団ストーカーの解釈の盲点

多くの被害者が、この現象を集団ストーカーと呼ぶことに違和感を持っています。 被害状況は人によって違い、場合によっては従来の集団ストーカー現象の説明を遥かに超える被害を受けている被害者もいます。 集団ストーカーのテクニックとして紹介されているものは、アメリカのガスライティングの本が元になっていて、これは個人が誰か嫌いな人に嫌がらせをするために書かれているものです。 集団ストーカー現象…

続きを読む

妄想など持てない

集団ストーカーの被害について、その状況を説明するために、一般の人々が思い込んでいる偽の情報を打破しなくてはなりません。 まず、集団ストーカーの被害が妄想であると考えている人に対して、集団ストーカーの被害者は妄想している暇がないほどに攻撃されているということを伝えなくてはなりません。 考え事をしている時、例えば集団ストーカーの正体について考えている時に、集中力が高まってきた瞬間を狙って…

続きを読む