嫌な人間が存在できる仕組み

世の中には一定の割合で嫌な人間が存在します。 嫌な人間が好きだという変人はあまりいないでしょう。誰でも嫌な人間は嫌なはずです。 それでは、なぜ嫌な人間は存在しているのでしょうか。 一つの答えは多様性でしょう。 多様性を求め、他人と違う個性を確保するためには、他人が近寄らないアンモラルな領域の中に答えを求めるのが手っ取り早いのです。 世の中が過剰に個性を求めることには、こういった…

続きを読む