思考盗聴とは何か

集団ストーカーの被害の代表的なものに盗聴被害があります。 盗聴被害は実際によくある話なのですが、集団ストーカー被害の場合は、盗聴器が見つからないのが特徴です。 まるで自分の生活している家の中すべてが盗撮や盗聴されているように、次々と自分が話した内容、行動の内容などが、職場の同僚、通りすがりの人などから仄めかされます。 被害者は必死に盗聴器やカメラなどを探しますが、見つかったとい…

続きを読む

仄めかしのレベル

仄めかしのテクニックは様々であり、人によってその被害内容に違いがあります。 被害を理解していない状態での仄めかし。 被害を確信している状態での仄めかし。 社会全体に存在する仄めかし。 仄めかしにはレベルがあり、そのレベルによって理解が変化するようになっています。 理解の違う者同士であれば、被害者同士でさえ意見が対立することがあります。 どのレベルの仄めかしなのかを理解しなけれ…

続きを読む

動物への思考送信

思考送信が可能ということは、人間以外の動物にも思考送信をすることが可能ということです。 動物は人間よりもシンプルであるため、人間よりも簡単にコントロールすることが可能でしょう。 動物に限らず、おそらくあらゆる生命体をコントロールすることが可能です。 主な嫌がらせとしては、特定のタイミングで犬に吠えさせるなどがありますが、犬に吠えさせるだけであるならば、思考送信をするまでもありません…

続きを読む

現実を超えた現実とどう向き合うか

集団ストーカーと聞いて、誤解なくその現象を受け入れる人は皆無に近いでしょう。 人間は、自分の思考の限界を超えたものは理解することが出来ません。 そうすると、無いものとして別の答えを出して現実を濁そうとします。 これがガスライティングのメカニズムです。 間違った答えを出してしまっているために、延々と答えが噛み合わない状態が続きます。 せめて分からないのであれば、答えを出さなければ…

続きを読む

集団ストーカーの被害者が見ている世界

集団ストーカーの被害者には世界がどのように見えているか説明します。 インターネットでは、たくさんの集団ストーカーの被害動画を見ることが出来ますが、予備知識が無い場合、ほとんど意味が分からないと思います。 それらの被害動画はほとんどが本物です。 一般の人がその動画を見た場合、集団ストーカーにこじつけているようにしか見えないでしょう。 動画はアンカリング後の追撃、もしくはそれに対する被害…

続きを読む

集団ストーカーは妄想であるという妄想

ややこしい話になりますが、何が妄想で何が現実かを見極めるのは結構難しい問題です。 何が現実かは誰も分からない状況です。 現実を理解するのは脳であり、意識です。つまり、現実を認識しているのは妄想です。 まずこのことに気付かなければなりません。 妄想という言葉は本来、頭の中で考えること、想像すること、空想すること、もしくは現実と相違することを真実だと思い込むこと、誤認して信じることを…

続きを読む

嫌な人間が存在できる仕組み

世の中には一定の割合で嫌な人間が存在します。 嫌な人間が好きだという変人はあまりいないでしょう。誰でも嫌な人間は嫌なはずです。 それでは、なぜ嫌な人間は存在しているのでしょうか。 一つの答えは多様性でしょう。 多様性を求め、他人と違う個性を確保するためには、他人が近寄らないアンモラルな領域の中に答えを求めるのが手っ取り早いのです。 世の中が過剰に個性を求めることには、こういった…

続きを読む