警察の正体

警察のイメージは、困ったときに親身になって話を聞いてくれて、善良な一般市民をずる賢い人や組織、訳の分からない人、凶悪な人や組織などから守ってくれる優しくて頼れる正義溢れる存在でしょうか。 少なくとも、集団ストーカーの被害者からは全く別の姿に見えています。 そんなに正義溢れる存在の組織が、半世紀以上も暴力団を壊滅できずに手を拱いているのでしょうか。 麻薬という物が、集団ストーカーの存…

続きを読む

真実は一つではない可能性

集団ストーカーはすべてを逆転させる存在です。 この世の真実は一つだけと言うのは思い込みかもしれません。 被害者のブログでは、それぞれの立場を主張しています。 すると、おのずと自分の主張と違う主張を否定してしまいがちになります。 集団ストーカーの被害は人によって異なります。 集団ストーカーの犯人像も人によって異なります。 例えば、特定の宗教団体が集団ストーカーの正体であると…

続きを読む

付きまとい(付け回し)とは何か

付きまといは、集団ストーカーの基本的なテクニックです。 集団ストーカーが集団ストーカーと呼ばれる理由は、この付きまといが基本テクニックとなっているからです。 ノイズキャンペーン、コリジョンキャンペーン、思考送信などは、いずれも四六時中被害者を狙っていることから、付きまといの要素があります。 一般に言われるストーカー被害の場合は、犯人はターゲットを知っていて、好意か敵意を持って本…

続きを読む

思考送信とは何か

思考送信は、テクノロジー犯罪の象徴的な現象です。 思考送信を理解した上で経験している人は、集団ストーカー被害者の中の7割か8割くらいの人でしょうか。 残りの集団ストーカー被害者は、全く思考送信の経験がない、あり得ないと主張しています。 思考送信には様々な現象があります。 最も多いのは、頭の中に他人の声が聞こえるというものです。これは、実際に音として聞こえることもあるようです。…

続きを読む

証拠を見せろというレトリック

一般の人に限らず、集団ストーカーを信じない人々は、集団ストーカーの証拠を見せろと言ってきます。 これは難しい話です。 彼らがそう言ってくるのは、信じるためではなく、否定しようとするためにそう言ってくるのです。 なので、証拠を見せたとしても、必ずしらを切ります。 例えばライトをチカチカと当てられるという嫌がらせを受けて、その証拠の動画を見せたとします。 しかし、その証拠を見せたと…

続きを読む

テクノロジー犯罪とは何か

テクノロジー犯罪は、ガスライティング犯罪の一種です。 ローテク、通常テクノロジー、オーバーテクノロジーの3種類が存在します。 いずれも世間に認知されていませんので、ガスライティング効果があります。 ガスライティングのみの被害者と、それにテクノロジー犯罪が加わった被害者がいます。 テクノロジー犯罪の被害者は、通常のガスライティング被害者と、被害状況に相違点があります。 テクノ…

続きを読む

いい人なのに悪い人というトリック

世の中には、モラルを間違って使っている人がたくさんいます。 特にマスコミなどは、意図的にモラルを混乱させようとしています。 100万人の命を救っても、一人の人間を自己都合で殺すことは許されません。 100万人を殺して、その後一人の人間の命を救ったとしても英雄とは言えません。 どんなに良い人間であったとしても、犯罪を犯したり人を傷つけることが許されるようにはなりません。 モラ…

続きを読む