統合失調症とは何か

統合失調症は、以前は精神分裂病と呼ばれていました。 狐憑きと呼ばれていた時代もありました。 精神分裂病のイメージは、突然笑い出す、突然怒り出す、突然暴れ出す、突然泣き出す、訳の分からないことを口走る、不気味な絵を描く、などでした。 その患者への対応はひどいもので、鉄格子の隔離病棟に閉じ込められることもよくありました。 錯乱状態になる病気というイメージですが、実際はそういった症…

続きを読む