集団ストーカーは実在するのか

集団ストーカーは一切証拠を残しません。 ですから、その身に起きた不思議な体験でしか、その証明をすることはできません。 しかも、その体験はたいてい普通に起こり得ることばかりなのです。 それを他人に説明しようとするならば、その事象が起こる微妙な確率のずれを計算して、その数字のずれを見せるということでしか証明できません。 そういった証拠を残さない犯罪なのです。 その数字のずれの重要性…

続きを読む

集団ストーカーの概要

集団ストーカーは犯罪なのか精神疾患の症状なのか、どちらも科学的な根拠はまだ見つかっていません。 ここでは、ガスライティングによるこの犯罪は、可能であるということを説明していきます。 この犯罪は基本的に、絶対に見つからないように行われるので、集団ストーカーを見つけ出すのは困難です。 見つけ出したとしてもその犯人はただの人なのです。 証拠は犯人の頭の中にある情報だけなので、見ることができ…

続きを読む

情報操作の仕組み

みなさんが知る情報は、ほぼマスコミが由来となります。 新聞、雑誌、テレビ、インターネット、すべての情報がマスコミの支配下にあります。 みなさんはマスコミ以外の情報を信じないように思考操作されています。 マスコミは世界の中心とアクセス出来て、そこから情報を引き出しています。 世界の中心は政治団体や研究所だと思いますが、ここも曲者です。 重要なのは言語の曖昧さです。 政治団体…

続きを読む

ガスライティングとは何か

ガスライティングは、イギリスやアメリカの舞台劇や映画「ガスライト」がその名の由来となっています。 映画の種類がいくつかあるようで、それぞれ少しずつストーリーが違うようですが、主にガス灯の明かりが暗くなることに気付いた主人公が、それらを理由に自分の夫に気のせいだと追い詰められ、自身の感覚を疑い喪失するというストーリーのようです。 夫の策略によって、妻が精神病に仕立て上げられるという映画です。 …

続きを読む

集団ストーカーとは何か

集団ストーカーとは、社会全体、世界全体によって隠されている特殊な嫌がらせです。 日本で被害を訴えている人だけでも数千人、実際にはおそらく数万人から数十万人、世界全体でおそらく数百万人を大きく超える被害者が存在します。 インターネットが一般的になってきた頃に、インターネットによってこの現象を告発した被害者の被害内容が、集団に監視されているような状況が多かったために、犯人を集団ストーカーと呼…

続きを読む

常識という名の洗脳

本来、常識という言葉は、知っていて当然の知識、知っているべき知識という意味で使われます。 ところが、この常識の誰でも知っているというマジョリティー性と、知っているべきという強制性が、悪意のある常識の場合は危険をはらむことになります。 知っているべきという強制性がある時点で、洗脳に近い要素があります。 言葉は他人に意味を伝えるものですが、複層の意味を含んでいるものがほとんどで、余分な洗脳…

続きを読む

はじめに

はじめまして。 集団ストーカー関連の情報を中心に、世の中の不可解なことを考えてみるブログです。 世の中は矛盾だらけで、人間の知性をもってすれば、少なくとも人間関係に関する矛盾など、すぐになくせるはずなのに、この世界の中心の人々は絶対にそれを教えてくれません。 そうすると「何者かによって意図的に、複雑で理解しがたい世の中にされている」という考えが浮かんできます。 その闇の、もっとも…

続きを読む