多階層の認識

人の認識がそれぞれ分離操作されている仕組みを説明します。 分かりやすく説明するために一つのモデルである知識や世界観ごとに認識のレベルが変化する多階層の認識を説明します。 例えば子供の頃に見ていた世界と大人になってから見た世界で、世界の見え方が変わることがあります。同じように若い時に見ていた世界と歳を取ってから見た世界で世界の見え方が変わることがあります。 これがある程度固定…

続きを読む

芸能人の性別の騙し

はるな愛という芸能人がいますが、テレビを見ている限りにおいてどう聞いても男性の声には聞こえず、わざと低い声を出すことがありますがそれでも明らかに男性の声ではなく、ただニューハーフのふりをしている女性にしか見えません。 カルーセル麻紀も同様でやはり女性の声にしか聞こえません。 手術によってそのように出来るのかもしれませんし、テレビでしかその声を聞いたことがないのでボイスチェンジャーのように…

続きを読む

悪魔の数字と事後仄めかし

6の倍数のキー A6、B12、C18、D24、E30、F36、G42、H48、I54、J60、K66、L72、M78、N84、O90、P96、Q102、R108、S114、T120、U126、V132、W138、X144、Y150、Z156 獣の数字をこのタイミングで書いたのだから何かあるのだろうと思い、不自然な印象を受けた有名人に当てはめてみることをふと思いついて計算してみました。 …

続きを読む

思考制限

大変厄介で深刻な問題に思考制限があります。 この思考制限は思考は制限されていることさえ気付かないことがほとんどなので厄介です。 思考制限されていることに気付かないように思考を制限されるのが最初のテクニックになります。 人間は基本的に世界観というものに支配されているということを看破した後は、次々と思考制限を打ち破ることになります。 この世の中には様々な思考制限の罠が仕掛けられており…

続きを読む

世界観という究極のトリック

なぜこの世界は無ではなく存在するのか。 それはこの世界に何かしら動くものがあるからです。 その動きの最終的な結果が人間の意識です。 人間は意識を介してしかこの世界を感じることが出来ません。 意識を自己認識する能力が思考です。この思考は通常時常に世界観を作り出しています。 集団ストーカーという事象を客観するとそれが世界観ずらしという強力な思考操作であることが分かります。 世界観…

続きを読む

世界観の分岐と獣の数字

悪魔の数字、新約聖書においては獣の数字666。 新約聖書のヨハネの黙示録に記述されている。 「ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。」 (13章18節)Wikipediaより 6+6+6=18 コロナ(567) 5+6+7=18 サンフランシスコ・ロマプリータ地震 19…

続きを読む

巨大隔離病棟

いくらかの人々がこの世界は巨大な隔離病棟のようだと揶揄していますが、現実は本当にそのようなものです。 世界がいよいよ病んでいって、何がおかしいのかということさえ示すことが困難になり、不変の正義が定まりません。 おかしくない時代は存在せず、おかしくない人々もおそらく少数も存在しません。 以前に風邪テロという嫌がらせがあるということを説明しましたが、これがさらに強力になるとウイルステロにな…

続きを読む