シミュレーション理論

世の中の法則や出来事が、自然に流れているのにしてはあまりに良く出来過ぎているように感じ、このような世界が偶然誕生することを懐疑的に考えると、この世界は操作され二次的に作られたシミュレーションなのではないかという答えに至ります。 そう思う根拠は宇宙の情報にも散りばめられており、私が最大の偶然と感じるのは、地球から見えるたった二つの巨大な天体である太陽と月が、見掛け上の大きさが全く同じであり、…

続きを読む

二重性というトリック

集団ストーカーの最大の脅威は、世の中に二重性を作り出している点です。 ですから、集団ストーカーは表面上個人的な嫌がらせを繰り返しているだけのように見えますが、実際は世界を完全に覆いつくすほどの巨大な現象です。 集団ストーカーが簡単に解決できないのはそのためで、世界そのものと戦っていることと同じような状況になります。 集団ストーカー現象は確かに起きているにも関わらず、世界中の誰も…

続きを読む

思考は制限されている

一般人の思考というものを考えた時に、どうしても理解できないのは自らの不利益に対して声を上げることがないことが多いということです。 政府に対して従順すぎるというか、おかしな道理に対して盲目すぎる点です。 それは何を意味するのかというと、何物にも囚われない思考というものはこの世には存在しないかもしれないということです。 一般人を含め、すべての人々が世界の道理の中で無力すぎるのです。…

続きを読む

一般人という存在

世界観や集団ストーカーというものを考える時に重要になってくる要素が一般人です。 集団ストーカーが嫌がらせをする時には必ず一般人にも影響が出てきますから、一般人は無関係とは言えない存在になります。 例えばコリジョンを仕掛ける時に一般人が通りかかっただけで嫌がらせは失敗する可能性が出てきます。 また、ノイズキャンペーンなどをする時にも、ターゲットの近隣に一般人が住んでいる場合は、ターゲ…

続きを読む

工作員の配置について

集団ストーカーの被害は、ほぼ全被害者が似たようなパターンになっています、 大きな違いがあるとすればテクノロジー犯罪を受けているか受けていないかの違いくらいでしょう。 実際のところ、被害者の理解の方も事細かにコントロールされている気配があります。 ほとんどの被害者が、同じ被害を受けているはずなのになぜか意見が違う被害者が存在することを知っていて、不思議に思っているでしょう。 こ…

続きを読む

虚構と現実

うろ覚えですが、映画「マトリックス」では何者かが青い薬と赤い薬のどちらかを主人公に選ばせて渡します。 どちらかが現実に目覚める薬で、どちらかがそのまま元の世界の夢に戻る薬です。 集団ストーカーの被害者も同じような選択を迫られます。 今までの現実が虚構であったことを認め、新しい世界に立ち向かうか、今までの人生を大切に想い、虚構だったかもしれない世界に戻るかです。 元の世界に戻る…

続きを読む

工作員に悪意はあるのか

集団ストーカー現象というものは、実際に感じるよりも遥かに巨大な力によるものです。 それは多くの被害者が経験しているもので、単なる人間の嫌がらせでは説明がつかないものが多々あります。 残念ながら、集団ストーカー被害者の中でもSFレベルの認識は多数派ではなく、どちらかというと認識が暴走している異端と見なされます。 しかし、周囲の大勢の人々が工作員のように振る舞い、世の中のすべての事…

続きを読む