統合失調症工作の仕組み

集団ストーカー=統合失調症の妄言という構図が、一般の人の頭にあります。 なかったとしても、集団ストーカーというものを調べようとすると、必ずそのような説明をする謎の勢力が現れ、それを信じることになるでしょう。 集団ストーカー現象とは、極めて精度の高い嫌がらせです。 計算して行わなければそのような確率で嫌がらせが起きることはありませんが、一般の人々は必ずこの重要な要素には触れません…

続きを読む

権威はどこまで信用できるのか

集団ストーカーという現象は、世の中のほとんどの人々が一切被害者の主張を信じないという現象です。 それは自然さを装ってはいますが、明らかにわざとらしく被害者を統合失調症のように扱うこともあります。 それは世の中の権威すべてに及んでいますから、ガスライティングという力を見破れる人は、どのような権威にも存在しないことになります。 それは権威など信用できないことを意味します。 と…

続きを読む

超常現象をどう考えるか

集団ストーカー現象の中で、最も議論されなければならない現象が超常現象です。 集団ストーカーの被害者は超常現象のような体験をしていることがほとんどですが、それにはどのような意味があるのでしょうか。 人間の感覚がずれるだけであれば、それは認識の操作ということである程度説明は出来ますが、目に見える現実が現実とは思えないレベルになった場合、それはもはや世界の法則を疑わなければならない状況です…

続きを読む

心理的武装とテクノロジー武装

経済解放、欲望の解放、労働解放、そして被害からの解放。 生きる意味は尽きません。 集団ストーカーの被害者の場合は被害からの解放を優先的に処理しなければならない状況ですが、手段としては先に経済解放や欲の解放を優先しても良いでしょう。 いろいろと被害の軽減を試していますが、この前例のない攻撃を防御することは困難を極めます。 しかしいくらか効果があると思われる対処がいくつかあり…

続きを読む

非論理的世界

ガスライティングというテクニックが集団ストーカーという現象のすべてですが、そのテクニックが可能になるためには、世界そのものにガスライティングの力が有効となる土台がなければなりません。 集団ストーカーの被害者といえども、世界そのものを疑い、世界そのものを敵と考えるというのは正気ではないように思えますが、論理的に言えば、世界は集団ストーカーに支配されているはずなのです。 集団ストーカーほ…

続きを読む

自然を疑えるか

神を信じるかの逆の問いが、自然を疑えるかになりますが、おおよそ似たような意味になります。 もし、人間と論理が矛盾する状況になったら、どのような理解をしようとするでしょうか。 もし、自然と論理が矛盾する状況になったら、どちらを信じようとするでしょうか。 ガスライティングの根底というものは、被害者の理解をも操作しているのではないか。 被害者の認識さえが、ガスライティングというテク…

続きを読む

誰が真実を語れるのか

物理的には存在しないはずである自由意志。 この世界の根源的な情報が、その根源の部分からすり替えられているダブルミーニング。 自由意志の意味を何重にも分けることによって人によって認識を変えるテクニックが、世界全体の根源的な部分にさえ使われています。 世界は自由意志が存在するかのように振る舞い続けます。 真実の要素として重要なものは、人間の思考と科学でしょう。 科学と人…

続きを読む