仮想論破システム

集団ストーカーという現象の一部には種明かしなどのシナリオが含まれています。 ターゲットが理解できるシナリオが存在するという事は、集団ストーカーはある程度ターゲットの人生などを把握しているということになります。 さらにそのシナリオは進行することがあります。これは嫌がらせを含めたすべての事象はコントロールされている可能性を意味します。 嫌がらせは段階的に移行することがあり、その都度嫌がらせ…

続きを読む

現実の誤謬とトゥルーマンショー

トゥルーマンショーという映画は集団ストーカーのような世界観のようなので見てみました。 序盤から中盤にかけて自分が経験した嫌がらせが連続して出てくるので懐かしいような気分にさえなります。 この手の映画は大抵仄めかしの要素が強くありますが、重要な映画だと日本語や日本人が登場したりと日本に関係するように描かれていることも多いようです。 マトリックスにも日本的な演出がありました。 ほとんどの…

続きを読む

収束という現象(ガスライティングの世界)

集団ストーカーという現象をガスライティングと言ってしまうと、それは人為的なものというイメージになります。集団ストーカーと呼んでも同じです。 しかし実際に起きていることで最も驚くべきことは、ガスライティングが起きた後の収束という現象です。 収束があるからこそ周知も進まず、被害者同士の認識の違いなどその収束は被害者にも及びます。 収束こそが最も恐るべきもので、それは世界規模で作用してい…

続きを読む

運命操作の仕組み

運命の操作は自然現象と変わらない精度で行われるために、違和感のみによって操作されていることを知覚します。 自然現象と人間の動きは切り離せないものですが、人間の意思は自然現象では説明のつかない領域ですから一旦これを分けて考えます。 自然現象も操作されていると考える場合は、より少ない被害者のみがそれを理解できますから、今回はより広い理解を得られやすい人間の動きのみを説明します。 運…

続きを読む

ディストピア風の世界

普通の考え方では集団ストーカーが何をしようとしているのか全く理解できません。 それで被害者は仄めかしというヒントを頼りに集団ストーカーのイメージを構築することになります。 誰の仄めかしが正しいのか、今のところ誰にも分かりません。ですから出来るだけ多くの可能性を広い範囲で捉えておいた方が良いでしょう。 それにしても集団ストーカーというものはあまりに理解し難い存在です。 それ…

続きを読む

ガスライティングの神髄

ガスライティングには様々なレベルのテクニックがありますが、究極の話、実は一切のテクニックを必要としない力技のガスライティングテクニックがあります。 ガスライティングテクニックというものは、ターゲットが精神病であるかのようにもっともらしくストーリーを作り上げてターゲットを貶めていくテクニックですが、集団ストーカーが使う現実のガスライティングは全く別物です。 無理のない通常のガスライティ…

続きを読む

世界の構造と集団ストーカー

シンプルな思考実験で世界の構造を示してみます。 まず人間すべてが集団ストーカーの行動を取ることがあり得るかということを考えると、70億すべてはあり得ないが一部であればあり得る程度の答えになると思います。常識的な科学においては70億すべての人々が集団ストーカーに気づかないという答えになりますが、そうなると科学捜査を得意とする科学者や警察の実力は一体何なのかということになります。 これは明ら…

続きを読む