工作員の配置について

集団ストーカーの被害は、ほぼ全被害者が似たようなパターンになっています、 大きな違いがあるとすればテクノロジー犯罪を受けているか受けていないかの違いくらいでしょう。 実際のところ、被害者の理解の方も事細かにコントロールされている気配があります。 ほとんどの被害者が、同じ被害を受けているはずなのになぜか意見が違う被害者が存在することを知っていて、不思議に思っているでしょう。 こ…

続きを読む

虚構と現実

うろ覚えですが、映画「マトリックス」では何者かが青い薬と赤い薬のどちらかを主人公に選ばせて渡します。 どちらかが現実に目覚める薬で、どちらかがそのまま元の世界の夢に戻る薬です。 集団ストーカーの被害者も同じような選択を迫られます。 今までの現実が虚構であったことを認め、新しい世界に立ち向かうか、今までの人生を大切に想い、虚構だったかもしれない世界に戻るかです。 元の世界に戻る…

続きを読む

工作員に悪意はあるのか

集団ストーカー現象というものは、実際に感じるよりも遥かに巨大な力によるものです。 それは多くの被害者が経験しているもので、単なる人間の嫌がらせでは説明がつかないものが多々あります。 残念ながら、集団ストーカー被害者の中でもSFレベルの認識は多数派ではなく、どちらかというと認識が暴走している異端と見なされます。 しかし、周囲の大勢の人々が工作員のように振る舞い、世の中のすべての事…

続きを読む

神の視点

人間の思考力の視点に恐らく限界はありませんが、心理的にはやはり限界があります。 例えば神を信じない人にとって、神の視点で物事を考えるというのは苦痛でしょう。 それは人間を侮辱しているかのような展開を見せることもあります。 例えば猫の視点で物事を考えると言っても、また石の視点で物事を考えると言っても、どうしてもそれらを擬人化してしまい、人間風の視点になってしまいます。 そもそも…

続きを読む

統合失調症工作の仕組み

集団ストーカー=統合失調症の妄言という構図が、一般の人の頭にあります。 なかったとしても、集団ストーカーというものを調べようとすると、必ずそのような説明をする謎の勢力が現れ、それを信じることになるでしょう。 集団ストーカー現象とは、極めて精度の高い嫌がらせです。 計算して行わなければそのような確率で嫌がらせが起きることはありませんが、一般の人々は必ずこの重要な要素には触れません…

続きを読む

権威はどこまで信用できるのか

集団ストーカーという現象は、世の中のほとんどの人々が一切被害者の主張を信じないという現象です。 それは自然さを装ってはいますが、明らかにわざとらしく被害者を統合失調症のように扱うこともあります。 それは世の中の権威すべてに及んでいますから、ガスライティングという力を見破れる人は、どのような権威にも存在しないことになります。 それは権威など信用できないことを意味します。 と…

続きを読む

超常現象をどう考えるか

集団ストーカー現象の中で、最も議論されなければならない現象が超常現象です。 集団ストーカーの被害者は超常現象のような体験をしていることがほとんどですが、それにはどのような意味があるのでしょうか。 人間の感覚がずれるだけであれば、それは認識の操作ということである程度説明は出来ますが、目に見える現実が現実とは思えないレベルになった場合、それはもはや世界の法則を疑わなければならない状況です…

続きを読む